2015年07月18日

残りの人生はあっと言う間さ。

IMG_1541.JPG




7月15日(水)

仕事が終わったのが9時前だったので、血相変えて目黒の鹿鳴館へ爆走した。今夜はベルハーちゃんのライブ&チェキお渡し会の日でした☆

時間的にライブには間に合わず、悲しみのあまりもがき苦しんで死にたかったのですが、鹿鳴館に入り、遠くにメンバーの姿を見た瞬間、パァーッと心が晴れました。我が愛、ベルリン少女ハート。おそるべきパワーなのです。

チェキにはその場で写真を受け取るのと、メンバーに預けて、持ち帰ってゆっくりメッセージを書いてもらい、後日頂戴するという2パターンとがあります。後者を『預け』と言います。

ワタシはメンバーのカイちゃんに何枚か「預け」がありましたので今日のお渡し会を楽しみにしていました。

メンバーはファンからの膨大な預けチェキを管理してるワケですからホントに大変だと思います。日々のご苦労を思うと頭が下がります。

「カ、カイちゃん!見当たりませんか?もし探すの困難だったらまた今度でもイイんですが…。」

まったく見つからない。

ワタシにしてみれば、せっかくのスターとのおしゃべりタイムだから1分1秒が惜しいのですが、カイちゃんはチェキ探しに没頭するあまり、凄まじい『沈黙の時間』がワタシにのしかかっていたのです。

そうではあるが、こうして待ってる時間も実は幸せの極点なのです。
田植えのようなポーズで必死になって写真を探すカイちゃんの後頭部を見つめていたら、言葉にナラナイくらい心の平穏を感じます。なんなんでしょうかね、コレは。

「あ、あった…。」

大した抑揚もなくカイちゃんは安堵の気持ちを言葉にしました。そしてチェキにメッセージを書いてくれました。

「1枚だけじゃなく、まだ他にもあるでしょ?」

口が裂けても言えないセリフです。

必死で探してようやく見つけてくれたんだもの。もっとよこせとか、口が裂けても言いません。
またいつの日かでイイんです。ワタシがベルハーを他界する (ファンをやめてしまうことのヲタ用語) など絶対にナイのですから。

「今日は撮りますか?」カイちゃんが聞く。

「モチロンです。お願いします☆」ワタシが答える。
今日もチェキを撮ってもらおう。メッセージ付きでお願いしますネ。

「えーと、えーと、つの…?つの…?えーと…」

「つのもりです。よろしくお願いします」

ワタシは毎回アナタの列に並んでるのにまったく覚えてくれねーのかい?などと口が裂けても言いません。そもそも、そんな不遜なコト1ミリだって思っていません。

自分の推しメンから毎回毎回「なんて名前でしたっけ?」と聞かれることの悲哀を含めてベルハーのことが大好きなのです☆敬意と愛情の城壁は、どんなことがあっても微動だにしません。

「カイちゃん、あのですね、最近仕事の都合でなかなかライブに来られなくて狂い死にしそうなんですが、今月は26日と30日にはライブに行けそうなんですよ!もうワタシ嬉しくて、嬉しくて!」

ワタシは喜びを爆発させて語りかけた。カイちゃん!ワタシ、ベルハーのライブ見られるの嬉しくて、嬉しくて気ィ狂いそうやねん!

「へえ、26と30、ライブがあるんですか?把握してなくて…」

ワタシはひっくり返ってBGMが聞こえないくらいのデカイ屁をブーブーこきまくった。

「チケット買ったんですから、ライブはあります!当日ちゃんとステージに来てくださいよ!」

ワタシはうめき狂った。カイちゃんは我関せずの涼しい表情のままである。

「もうこの2日間はワタシは踊りまくりますよ〜☆ベルハーで踊りたくて踊りたくてウズウズしてたんですから!」

「あ、そうですか。じゃあ今ココで踊ってください」

あのな、カイちゃん、ワシに歌えだの、踊れだのはな全然ムチャぶりじゃナイんだぜ。いつなんどきでもワタシはすぐに踊るんですよ!

「オーホッホッホ ♪」

チェキ列で猛然と踊るド中年の姿を見て珍しく満足したようである。ワタシのアイドルは上機嫌に笑ってくれました。
何はともあれ、アナタが笑えばワタシは死ぬほど嬉しい。


「ホントに我々って平和だよなぁ〜」

一緒に行ってた親友・がーすさんと飲み屋でチェキを見せ合いっこしながらそうつぶやき、二人ともホロリと酔いました。


心の平穏や平和なひと時がどれほどもろく、宿命のように崩れ去ってゆくものなのか、骨身に沁みて判っております。いつまでも続くものなんてこの世には存在しません。

だからライブの一瞬一瞬が、チェキ列に並ぶ時間が、ヲタ友と飲むひと時が、気が狂うほど大切に思えるのです。かけがえがナイんです。

いつも楽しかった『今』を脳裏に焼きつけようと必死になっているのですが、いかんせん記憶力が悪いので、過ぎ去って行った『大切だったはずの今』を速攻で忘れてしまうんですね。

仕方ないワ、そんなもん。

だから駆け抜けましょう。残りの人生を。
祈りましょう。楽しいことばかり続くようにと…。
posted by ツリー at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。