2015年07月17日

三千里、たどり着いたなれの果て。

IMG_1471.JPG




7月14日(火)


アーチストとしてこれじゃダメだ、失格だなと思いつつ、夜、部屋に戻るとバタンキューで眠ってしまう。

帰宅後30分と起きていられナイ。

「マジでチカレタ…。」

ヘタリ牛のようにうめくのさ。
社会人よ、疲労困憊はお互い様だ、でもオレは狂ったように眠みーんだ。
この疲労感、やはり年齢的なコトかしら?ワタシもうジジイなの?眠い、ジジイ、眠い、ジジイ。とにかくオレは眠いんだ。

超ド級のショートスリーパーだったかつてのワタシ。毎日1時間くらいしか眠れなかったんダヨ。それなのにこの急激な変化はいったい何なんだ。

知らん、そんなもん。
ヤキが回ったのさ。アーチストとしてはもう終わったも同然さ。だよな?

ワタシは躊躇なく寝る。逃げる。失神する。現実逃避する。眠る。

そのかわり朝めっちゃ早起きになった。
自然と未明に目がさめる。
早起きは悪くないフィールさ。
だって朝8時からマルコも見られるしね(写真)。

『母をたずねて三千里』が再放送している。これまた夢のようなドリームだ。初回から見たかった。慚愧の念に堪えぬ。

マルコをTVでやっているのなら、ガン見するしかナイ。ガン見しかできないし、してはナラナイ。マルコとはそんなもんさ。尊い物語なのさ。

「マ、マルコ!アメデオがいてくれてホントによかったね!」

俺はテレビに向かってオイオイ泣きわめく。

マルコよ、なんてぇ孤独な旅なんだよ?とてもじゃないがオメーみたいなガキ一人じゃ無理だろ?でも行くしかナイんだよな?手ぶらで帰るワケにはイカナイんだよな?マルコ、アメデオがいてくれてホントによかったな!

オイオイ泣く。そしてワタシにもアメデオがいてほしい。

本当にひとりぼっちだ。時折、どうしてよいかワカラナクなる時がある。

「泣き言いうな、キモヲタが!アーチストならばアートで自分を救わんかい!アメデオを創ってしまわんかい!」

うーん、そうだね、創ってしまおう。ワタシは元々美大で彫刻学科だったんだ。中退したけど。

だから久しぶりに彫刻してみよう。アメデオのオブジェを作ってみよう。そして人形に魂を注入させるんだ。可愛い人生の伴侶、アメデオ人形を創ってみよう!

俺はヒグマのように吠えると古新聞を部屋に敷きつめ、ためらいなくその上に大グソをヒリ上げた。

「ワーハッハー!作るゾ彫刻を!こねるゾ、粘土を!やっぱ俺は筋金入りのアーチストなんだなぁ!」

ちょっと待て!それは粘土じゃナイ!こねちゃダメだ!おい、しっかりしろ!やめてくれ!

「ワーハッハー!知るかバカヤロウ!コレは粘土だとか粘土じゃねーとか、そんなの知るか!」

俺は純真な少年のような表情で粘土細工を始めた。嬉々としながらね。

可愛いアメデオのブロンズ像を作るんだ☆素材へのこだわりはナイ。肝心なのは作品のクオリティーさ。違うのかい?


もうすぐアメデオは完成だ。そんな時、ワタシはふと作業の手を止めた。

虚空を見つめてビクリとも動かなくなった。
まったくの無表情。思考も何もナイ。

長い時間が過ぎた。
スクッと立ち上がるとケータイを取り出した。

「あ、もしもし?」

ワタシは淡々と話し始めた。

「精神病院ですか?本日から20年ほど入院させて頂けますか?そうです。今日、今すぐにです」

電話を切るとすぐに荷造りを始めた。入院の準備だ。急がなきゃ。

アメデオにはまだ石膏を塗りつけていない。てことはコレはブロンズ像ではなく『ただのウ◯コ』ってコトか?

「全部ウ◯コだ、バカヤロウ」

俺はふりむきもせず部屋から出て行った。

アデュー、皆さん。20年後にまた会おう。そんなのきっとアッと言う間だよ。
posted by ツリー at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。