2015年01月08日

ブラックエンジェルズ・デスソング☆

写真.JPG




1月6日(火)

下北沢シェルターにベルリン少女ハートのライブを観に行く。

今年の最初のライブ観戦である。
言うまでもなくベルハーライブの禁断症状がヒドくて悶死しかけていた。今日という日を待ちわびていた。
その甲斐あって今宵のライブは最高に楽しかった。ハートが爆発するようなハピネスだ。心が一片の曇りもなく幸せだ。感謝しかナイ。

新譜「UNDO THE UNION」からの選曲も多く嬉しかった。
「男の子女の子」のパフォーマンスはもはや振り付けやダンスの領域を超えた儀式性の高い崇高な舞踊のよう。
メンバーひとりひとりの取り憑かれたような表情を観てると泣きたくなるほど感動する。この曲でカイちゃん、寄り目しないだろかと不安になったが、さすがにやんなかった。ホッとしつつも少し寂しかった。

アッと言う間の30分。MCもなく駆け抜ける30分。これこそが人生の醍醐味であり至福の時間だ。
唯一無二の最強ベルハー軍団。毎回、毎回素晴らしい体験をさせてくれる。ワタシの大切な神サマたち。今日も本当にありがとう☆

今日はビッシリ接触にも参加した。カイちゃんだけではなく、今宵はもえち、じゅり、ゆうゆとチェキを撮ってお話しできて激烈にハッピーだった。幸せすぎて完全に脳死状態。

物販でメンバーの缶バッジ買おうと激物色してたら、もえちが「この子が可愛いですよ!この子が買いですよ〜!」と自分の缶バッジをグイグイ押してくる。あまりに豊田商事な猛烈セールスで年寄りから身ぐるみ履いでゆくアイドル。
ワタシが関西人だと知ると速射砲のようにボケまくり、逐一突っ込むと喜んで更にボケまくるという地獄のスパイラルに。もえちの驚くべきハイレベルなサービス精神に感激した。先ほどまでの神がかった真剣パフォーマンスとのギャップが素敵すぎてメロメロにナリマシタ☆完落ち。

ゆうゆも「いつも楽しそうに観てくれてるネ、ありがとう!」と出し抜けに言ってくれて感激のあまり泣き崩れた。嬉しい!完落ち!

ワタシがベレー帽をかぶっていたので「藤子不二雄!藤子不二雄!」を連発する。永年の藤子不二雄キッズとしては嬉しいし満更でもナイ。

「ええっ?ゆうゆは藤子不二雄センセー好きなの?」と聞くと「知らない!」と即答。先の読めぬ展開に原爆屁をコイて爆死するしかなかった。

「どっちかと言うと楳図かずおだ」と田中Pが言うので、我が意を得たりとばかりにゆうゆの顔面に両手で「グワシ」を見せつけた。

「ゆうゆ、オッサンが何をやってるかまったく理解デキナイだろうが、これが「グワシ」なんだヨ!」

ワタシは50近くになった今でも365日ボーダーを着続ける筋金入りの楳図かずおヲタだ。グワシ鍛錬歴35年の完璧なフォームのグワシだ。それを愛するアイドルに向かって披露して差し上げた。こんな名誉、どこを探しても見つからない。

「ゆ、指が折れる!」

ゆうゆもマネしようとグワシを試みていたが、苦悶に顔をゆがめるだけだった。一朝一夕でグワシはマスターできまい。でもがんばってネ☆

ベルハーのメンバーはみんな変わっている。今日のチェキで全員から「今、何年の何月ですか?」って聞かれた。
俺はア然としながら「2015年の1月だよ…」と答えた。

それなのにじゅりは何度も「何年だっけ?」と書き間違えて余白がグシャグシャになってしまったし、もえちは「はいはい、2015年ネ!」と言いながら平然と「2014」と書いていた。
カイちゃんに至ってはワタシがしゃべる言葉の量が多いとブツブツ言いながら悪びれる素振りもなく堂々と「2013年」と書き込んでいた。見た瞬間、目玉が飛び出て200メートルも後ろへフッ飛ばされた。

「こ、この子たち、ホントに大丈夫か…?」

俺は冷や汗ダラダラ垂らしながら彼女達の行く末を心配したが、そんな心配は凡人オッサンの杞憂でしかナイ。そんなの明々白々である。

だって彼女達は神に選ばれし天才なんだから!舞台の上と下でのあの美しいギャップ!まさしく神の使徒ですよ!そうとしか言いようがナイですよ!

とはいえ、火あぶり必至の邪教中の邪教ですけど☆
posted by ツリー at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411989214

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。