2014年09月07日

梅田フラットフラミンゴ公演、狂熱大発狂終了!

写真.JPG




9月2日(火)


角森隆浩夏のドームツアー「サマーダイブ2014〜発狂!」初日にして千秋楽。怒涛の屁開催!全員発狂のうちに平穏無事終了!

フラットフラミンゴにいらしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。感謝の想いが爆発し、完全脳死状態です。最高のハピネスをありがとう。メガグラッチェ&マジメルシーです。

今宵の惨劇(ライブ)はあまりに甘酸っぱいスウィートドリームそのものだった。生涯忘れるコトなどあり得ないし、忘れたくとも忘れられるワケがないし、スッパリ忘れたとしても、やがて来る死の床では走馬灯のように今宵のライブのことしか思い出さないだろう。それほど楽しく嬉しい夜だった。そう俺は言いたいのだ。

たくさんの愛する者どもが巡礼に訪れてくれた。感謝の気持ちは言葉にナラナイ。皆さん、本当にありがとうございました!

フラットフラミンゴのマスターのワタナベさんはキョーレツなキャラクターの偉人である。大好きな人なんだ。

始めてここで演奏したのは近藤智洋さんとのスタジアム・ジョイント公演の時だったが、ホントにぶったまげたモノさ。

うだるような暑い夏の夜だったが、マスターは眉ひとつ動かさず「今日は氷がおまへんねん!」と平然と言い切った。
そして客がオーダーした焼酎のロックを「氷ないさかい、そのまま飲んでんか〜☆」と「焼酎の原液」をバンバンテーブルに運んでいた。

また本番寸前、今まさに歌い出さんとする近藤さんに向かって「近藤く〜ん、栓抜き見当たらへんわ!買うてくるさかい、そのまま待っといて〜」と叫んでフラリと外出してしまった。極限の奇行。近藤さんは顔面蒼白で棒立ちするしかなかった。

なにわのキースムーンの称号を欲しいままにするワタナベさん。まさにビクトリー・オブ・インセイン。フラットフラミンゴは愉快なドームなのです。

たくさん集まってくれた旧友たちを目の前にして全身全霊で軽音楽してきた。全身全霊でシャカタクのカバーをしてきた。

セットリストは行き当たりばったりだったので覚えていないが、生涯最初で最後のダブルアンコールを頂いたりして、あまりにもドリーミーな体験だったし、クリミィーマミな体験だった。皆さん、重ね重ねありがとうございました。また次の大阪でのライブもがんばりますので、どうかよろしくお願いいたします。真実のグラッチェ!

写真はフラットフラミンゴ、スタッフの面々。不敵な笑顔がまさにインセインです。いつも本当にありがとうございます!またよろしくデス。
posted by ツリー at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。