2014年08月17日

爆夏2014・生き地獄!オゲレツ独演会を強行!無事終了!

写真.JPG



8月6日(水)

下北沢leteにてウクレレソロワンマン「オゲレツ独演会」を強行。発狂熱狂終了。いらしてくださったサタンの皆さん、本当にありがとうございました!

まさに真夏の夜の悪夢でしたね!夏休み特集「あなたの知らない世界!」でしたね。グラッチェ、皆さん、グラッチェ、新倉イワオ!

前夜レテCEOのしんたろうさんから「明日の予約は5名様頂いてますよ☆」とメッセージを受け取った瞬間、俺は腹をくくった。

「ご、5名のワンマン!寒風吹きすさぶアラスカの果てのようなワンマンだ!わかった、俺はもう一生人気が出ないんだな?だったら、とにかく人が嫌がる不快な音楽ばかり演ることにしよう!」

いやいや、今までずっとそうしてきたじゃねーか!とのド非難を完全シカトしながら俺はセットリストを決めた。
エンターテイメントのかけらもない結婚式二次会の余興以下の最悪グダグダショーだ。それが俺がたどり着いた音楽活動の最北端だった。一生死ぬまでアングラでいてやるぜ。

第一部

01.君がいれば幸せ
02.二人はカルーセル
03.ママには内緒だよ
04.ドロロンえん魔くんOPテーマ
05.この世から出て行け
06.地球を救え
07.十七の夏(桜田淳子のカバー)
08.さよならパパ
09.初めて泣いた

第二部

01.恋でもくらえ
02.ツベルクリン無反応
03.ものすごく幸せ
04.ぬすっと(サンハウスのカバー)
05.科学忍者隊ガッチャマン・エンディングテーマ
06.男の子女の子(郷ひろみのカバー)
07.チャリティー銀行強盗
08.対人恐怖症ブルース
09.俺の女房は北京原人
10.プレイバックpart 2(山口百恵のカバー)
11.うなぎの唄

アンコール

01.野グソ
02.俺はプレイボーイだ

でした。

最悪の不人気曲のオンパレードでフロアは阿鼻叫喚の地獄絵図と成り果てた。
当初はひとりよがりな狂ったカバーの連発で古参客が苦悶する血みどろのワンマンとなるハズだったが…。

「ううっ!なんてフレッシュな客席なんだ?今日は「おまいつ」どもがほとんどいねーぜ!」

俺は当初の予定が狂い断末魔の叫びを張りあげた。因みに「おまいつ」とは「お前らいつもいるな☆」という常連さんを指すアイドル用語である。

「てか影山さん、ゆかさん、なんで客席にいるんだ!いらっしゃるのなら事前に言ってくださいよ!だったらこんな狂ったセトリじゃなく、甘くトロけるブラコン連発でおもてなし出来たのに!」

今日はなんと大好きなtico moonのお二人が観にきてくれたんだ。激しく嬉しかったぜ。この熱い感謝の気持ちをtico moonさんに伝えたかった。拷問に近いグダグダロックをシゴキ聴きして頂くコトによってね。

なにはともあれ、ほのぼのしたアットホーム生き地獄だった。みんなと一緒にムダ吠えできて幸せだった。いつも本当にありがとうございます。これからも初心を忘れず、皆さんのもがき苦しむ表情のために俺は一生懸命がんばるコトを誓うよ。激マジでリアルグラッチェでした!

次回のギグは8月18日に新宿レッドクロスにてダイナミックオーシャンズだ。もはやライブというよりかは「惨劇」と言った方が良いだろう。皆さんのご来場を心よりお待ちしております!よろしくお願いします。
posted by ツリー at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ会えぬ心の同志様1回転して音楽界を席巻する日が来るー明けない夜はない。すみません。余計なお世話でした。
Posted by 押田です at 2014年08月19日 15:28
押田くん、メッセージ、メガグラッチェだぜ!お互い不屈の闘争心と吹けば飛ぶよな精神力で人生を駆け抜けましょう!同志よ、再会の日を心待ちにしています!グラッチェ!
Posted by ツリー at 2014年08月20日 15:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。