2014年02月12日

大阪ライブに向けて、ヒゲをのばしているんです。

写真.JPG




2月10日(月)

インフルエンザ休暇中、風呂に入ってない訳で、したがってヒゲも剃ってない訳でけっこうムスタッシュが激のびした。

俺はマッチョな殺人者だが、体毛がツルツルだ。頭髪とチン毛だけは豪毛で、あとは少女のようにツルツルのモチ肌なんだ。
だからヒゲなんて全く生えてこないし、当然のばしたコトもない。

「ツリーはええなぁ、俺なんか3日も剃れへんからZZトップみたいになってまうやんけ!」

超豪ヒゲのエブバデセイ☆小宮山聖がうめきながらジェラスしていた。コミーの場合、朝ヒゲ剃りしても夕方には黒々と長嶋茂雄になってしまうのだ。俺にはその苦しみは理解できない。豪ヒゲ野郎の宿命なんだよな。

だがそのモチ肌人生にも、ついに終止符を打つ時が来たようだ。
インフルで寝込んでる間に少しだけヒゲがのびた。せっかくだから剃るのはモッタイナイ。シブい男に俺はなりたかった。

バカみたいなイモキャラは卒業だ。超シブい藤竜也キャラに変身する時が来たんだ。この俺がビビアンズでの激シブキャラを一手に引き受ける。他のヤツらはオカマキャラに変われ。俺が藤竜也だ。いつでもどこでも「ひとり愛のコリーダ」をブチかましてやる。スゲえエロキャラじゃねーのか?スゲえヒゲキャラじゃねーのか?そうだよ、俺は生まれ変わったんだよ、。これでたぶんビビアンズはバカ売れすると思う。

「え〜?ヒゲなんて生えてねーじゃん!なんかキタナイ微生物が鼻の下を這い回っているようにしか見えないんですけど!」

休憩所でダチのミス睡眠やミスFB読んでないのに「いいね!」押しまくりレディー達に自慢のヒゲを披露したらコテンパンのボロカスに言われてしまった。

「やかましいんだよ!ドキチ◯イのクソ腐女子どもが!キサマらは「男のシブさ」ってもんを何ひとつ理解しとらん!」

俺は発狂恫喝してホモ好き女どもを論破してやった。

全世界のへなちょこどもに告ぐ。俺の原始人のようにワイルドなヒゲをなめるな。もしも全世界がそれを望むのならば、俺は三日三晩頬ずりし続けてやってもいい。

「17日の大阪ライブでは、もはや藤竜也どころの話ではなくなるなぁ」

俺は遠い目をして寂しげに呟いた。

「次の大阪では、きっと俺は…」

俺は冷や汗わダラダラたらし、クワッと目を見開くと夜空に向かって絶叫した。

「板垣退助になっとるわな!!」

ヒゲそのものが「フライングV」となり、そうなればもはや俺はマイケルシェンカーを演奏する以外に他に道は残されてイナイのだろう。

「とにかく17日の大阪フラットフラミンゴのライブにいらしてください!!」

俺はもう一度夜空に向かって吠えた。
関西のみなさま、2月17日、梅田フラットフラミンゴでの角森隆浩ライブにどうかいらしてくださいませ!宜しくお願いいたします!
posted by ツリー at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388261594

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。