2014年10月24日

本日、阿佐ヶ谷ハーネスにて前田カシさんとのツーマンライブ敢行!

写真.JPG




10月24日(金)

本日10月24日の夜、阿佐ヶ谷ハーネスにてワタシ角森と前田カシさんとのツーマンライブが行われます。
超絶楽しい一夜になりますので、皆さんにぜひともいらして頂きたいデス。

19時開場の19時半スタート。先攻はワタシ角森で、後攻がカシさんです。
笑って、しゃべって、ほんのりジーンときて、大変いかした情緒ナイト。希代のメンヘラの分際で何が情緒だ、とお叱りを受けそうですが、そんなカス以下の豚足野郎にもご安心の真心サービスをいたします。特別にヘビ食いちぎりも充分に可能性アリマスので、ふるってご参加くださいマセ。

ホントに楽しい夜になると思います。自信を持ってオススメできるヴェガスショー。どうかいらしてくださいね。阿佐ヶ谷ハーネスでお待ちしています!来てネ〜!

ハーネスHP
http://livebarharness.web.fc2.com/
posted by ツリー at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乙女とオッサンの間にあるのは三途の川だけ

写真.JPG



10月15日(火)


先週はベルリン少女ハート、ゆるめるモ!週間だった。最近はずっとそうなのだ。その忘備録。


10月忘日(忘)

新宿MARSへベルリン少女ハートのライブを観に行く。
仕事帰りになんとか間に合いそうだというコトで一人でMARSへ狂走。
仕事服のまま最前で発狂。ベルハーのライブは本当に凄い。若い頃からたくさんライブを観てきたけど、ベルハーほどカタルシスを感じられるライブは他にナイ。

この夜のライブの模様はのちに予約の特典プレゼントとなり、それを入手したブランの竹井さんからDVDを頂き激見した。竹井さん、ホントにありがとうございました!

一人で嬉しそうな顔して思いきり映り込んでいた。これでは嫁の来てがない。


10月某日(某)

台風だった日に渋谷O-nestへゆるめるモ!を観に行く。

凄まじい台風だったが、豪雨の中、満面の笑みをたたえてスクランブル交差点を全裸で走れ、しかも大グソをヒリ漏らしながらな、と命じられれても、俺は苦もなくそれかできる精神状態だった。

命は愛のためだけに使うもの。ワタシは愛に生き、愛に死ぬ。すなわちスクランブル全裸だ。なぜ判らない?
要するにゆるめるモ!のライブは何がなんでも行かねばナラナイというコトなんだ。そんな無骨な精神論を語ってみた。わかるか?これが愛だ。ゆるめるモ!だ。

この日のゆるめるモ!は日中は読売ランドでのイベントがあり、アンコールではアイドルアンセム、BISのnerveを全員で歌ったらしい。観たかったナ。読売というコトもあり、ナベツネも舞台に立ってアイドルにまぎれてエビ反りをしていたようだ。

今宵のゆるめるモ!のライブは言うまでもなく最高だった。
満席の場内、後ろにいるオタどもにも、ちゃんと姿を見られるようにと舞台中央に脚立を設置して、メンバーが変わりバンコに上り下りしていた。

ワタシはその脚立の真ん前に陣取り、世界一立派なパフォーマー達を見上げていた。

かつてキャンディーズや百恵ちゃんを見つめていた10歳の頃の表情でゆるめるモ!を見つめていた。オッサンのネチネチした視線で彼女達を見つめたりはしない。ストップ・ザ・オッサン化。俺は10歳で時を止めたオスカー少年だ。今後俺のコトを「蛭子能収に似てますね!」と言った者は猟奇殺人の犠牲者になる可能性が高いと思え。どうか我が身を大切にしろ。


10月某日(忘)

新宿テアトルにベルリン少女ハートの映画「6次元ギャラクシー」を観に行く。

仕事終わりに少し時間があったため焼き鳥屋に一人で入った。
ビール飲みながらテレビで野球を観ていた。

ビール&野球?耐え難いオッサン的な行為だ。自分がこんな卑劣なコトをするなんて、全くもって信じられない。

時間があまったら夜の公園に行き、ひとりでクスクス笑いながら四つ葉のクローバーを探せよ。ずっとそうして来ただろ?

オッサンになるのは絶対にイヤだ。ヤキトリ頬張りながら野球なんて見るな。死ぬまで自分は「森ガール」なのだと言う自負心を忘れるな。「ぶ〜け」のバックナンバーを全部揃えろ。

失意のドン底でテアトルへ。

ベルハーのメンバーの舞台挨拶があった。心臓が止まりそうになった。

おいコラ!メンバーの私服姿を見てデレデレになるのはヤメロ。それがオッサンだって言うんだ。こら!みずほちゃんに向かって必死で手を振るのをやめろ!なにやってんだ?涙目になってメンバーを見つめるのを今すぐやめるんだ!

人間関係が何なのかサッパリ判らず、恋すらほとんどしたコトがなかったので、大人になって偏頗な影を落としてしまった。そして、もうたくさんのコトをあきらめた。

いくらおしゃれにしていても、身奇麗にしていても、所詮オタクはオタクなのだ。前に進むしかナイ。ためらわずオタ道をまい進してゆけ。もう振り返ルナ。

キモいオッサンになるくらいならキモオタで生きて、キモオタで死んでゆきたい。これが俺の武士道精神だ。

しかし、これを読んだ全員が「お前、超絶にキモオタだし、それ以上にキメーオッサンでしかナイゾ!」と叫んでいるコトくらい判っている。

俺だって人間なんだ。
耳を塞ぎ、目を閉じる権利くらいはあってもイイだろう?
posted by ツリー at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

今宵、10月16日下北沢leteにて近藤智洋さんとのスタジアム・ジョイントライブを強行します!

写真.JPG




10月16日(木)

今宵、10月16日、下北沢leteにて近藤智洋さんとのスタジアムジョイントライブが敢行されます。みなさん、どうかこぞっていらしてくださいマセ!

レテ恒例となったこの2マン。近藤さんとワタシのリレー形式でライブが進み、その間に二人でカバーセッションをブッ込み続ける超盛りだくさんのイタリアン・プログレナイト。
絶対に見逃すべきではありません。

果たして今夜はどんな出し物で行こうかしら?ワクワクします。近藤さんの歌が早く聴きたい。そして自分も早くうめき狂いたい。
演って楽しい、聴いて感激、まさに自分にとっての一挙両得ナイト。この喜びを皆さんと分かち合わない法はアリマセン。歓喜の狂死が目前にまで迫っております。

皆さんのご来場、心よりお待ちしています。20時から始まります。一度始まると、終わりません。ヨロシクね☆

ご予約はレテHPまで。
http://www.l-ete.jp/

ヨロシク、スタジアムロック!
posted by ツリー at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

ボロ家に住んでも心は錦

写真.JPG




10月10日(金)



散らかり放題の部屋がまったく片付けられない。

部屋に逼塞していても、憩いの気分からは程遠く、豚小屋に雨宿りに入った無宿者のような、うら寂しい気持ちが拭えない。

片付けようとしても、右のものを左に押しやる程度で、何もしていないに等しい。いわゆる「片付けられない症候群」なのだ。

かつてはそんなコトはなかった。

部屋のインテリアには凝る方で、自分の凄惨な顔面も顧みず、永遠の17歳であるワタシはあくまで「カワイイお部屋」を追い求めて邁進していた。

今は糞臭ただようゴミ屋敷だ。

精神の荒廃はそのまま部屋のキタナサに比例すると信じ、何とか片付けようと思うのだが、洗濯物ひとつたためない。見栄っ張りなので、もし孤独死してもこんな部屋じゃ恥ずかしいなと考えている。そしてまたユーツにふさぎ込む。だったらキレイにすればイイじゃナイカ…。

そんな折、たまたまベルハーの楽屋写真を見た。そのあまりのその散らかり具合に、なんだ、スゲー汚さじゃん、だったら俺もこのままでイイではないかと安堵した(写真)。

ワタシは愛し尊敬する人達のコトを100%丸呑みで受け入れる性分である。好きな人達て同じ行動をしていれば、それで安心する。
なにせ心が弱く、すべてにおいて自信が持てないから「アンタ方のコトが好きだ」という想いだけが正義の指標となる。すがるモノが何もナイ。宗教の勧誘とかに来ればイイのにと思う。俺なんかイチコロだと思うよ。チョロイもんだと思うんだけど誰も来ない。

この写真を見たおかげで、ワタシは今日も掃除を諦めた。大義名分を得られたら、人の心は穏やかさを取り戻す。ワタシは菩薩のような笑顔でゴミ屋敷の中で棒立ちし続けた。だって座る場所すらナイんだもん。

ちなみにワタシの部屋はベルハーの楽屋の1000倍はキタナイです。
彼女たちの名誉のため、これだけは言っておかねばナラナイ。
そして早くベルハーのライブに行きたい。
posted by ツリー at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

ふたりの最高のミュージシャンとの共演の10月。

写真.JPG





10月9日(木)


ノドの調子が良くなかったのだけど、返ってそれが功を奏して、曲によってはとても丁寧に歌えた。
「オッ、これだ!」と思える充実のステージができて大変嬉しかったヘンテコナイト(写真)。

もう次のライブが楽しみで仕方がナイ。早く歌いたくて、またしても土佐犬状態である。

と言うわけで、ネクストライブのお知らせです。

今月はあと2本、大好きで尊敬している先輩方との共演が控えており、待ち遠しくて狂死しそうである。
おそらくライブの日を待たずに狂死するのが先だろう。人生って無情なモノだからね。

まずは10月16日に下北沢leteで近藤智洋さんとのツーマンライブです。

近藤さんと一緒の恒例レテ・ツーマンはホントに悦楽のひと時です。楽しい時間を完璧に請け負います。ロックゼネコンの俺たちが奏でる音楽こそが真の公共事業なのです。

「いやぁ、お二人の共演ライブ、まだ観たコトがないんですよ!」なんて言われたら、俺はたじろぐだろう。到底信じがたいその言動に顔面蒼白になるだろう。
どうかそんな思いをさせないで欲しい。生きとし生けるもの全員に観に来て頂きたい。それが近藤さんとのライブなのだから。

ワタシは新曲も演りますし、近藤さんと二人の初出カバー大会もガンガン演ります。信じられないドント・ビリーブ体験をさせてあげる。どうかいらしてくださいネ!

★10月16日(木) 下北沢lete

近藤智洋 vs 角森隆浩

開場 / 19:00 開演 / 19:30
予約 / 3000円 当日 3300円(共にドリンク別)

レテHP http://www.l-ete.jp/

レテHPにて予約受付中!

皆さんのご来場を心よりお待ちしています!


そして10月24日(日)は阿佐ヶ谷ハーネスにて、心の友であり、愛する兄貴、前田カシさんとの3度目のドリーム共演が実現しました!
こんな嬉しいギグもそうザラにあるものではアリマセン。喜び爆発、完全闘犬、ザッツ土佐犬人生にワタシは歓喜の連続失禁!この失禁は当然、ハーネス当日まで続きます。ブッ壊れたダムのように放水ロックせざるを得ないみたい。

カシさんのやさしさに満ち溢れた歌に聴き惚れて、そしてワタシの狂乱のポンチャックで踊り狂って頂きたい。皆さん、どうかよろしくお願いします!

★10月24日(日) 阿佐ヶ谷ハーネス

前田カシ vs 角森隆浩

開場 / 19:00 開演 / 19:30
前売、当日共に2000円(ドリンク別)

ハーネスHP http://livebarharness.web.fc2.com/
posted by ツリー at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

「新宿ヘンテコナイト」歓喜のド終了!

写真.JPG




10月8日(木)


レッドクロスにて「新宿ヘンテコナイト」を敢行。そして無事終了!

筆舌にしがたいほどの楽しさに、全員が断末魔のケイレンにのたうち回った。

なんてヘブンリーな地獄なんだろう。ホントに最高でした。ご来場の皆さん、本当にありがとうございました!

今回が第二回目となった「新宿ヘンテコナイト」。またしても濃厚な夜になりました。幸せいっぱい、夢いっぱい。そんなドリームインフェルノ。出演できたコトが嬉しかったのデス。お客さん、そしてレッドクロスの皆さんに大感謝です。メガグラッチェ!

ヘンテコ軍団は本当に素敵な面々だ。

ピンQちゃんの重戦車のようなパワーは観る者すべてを幸せにする。
流れるようなリズムに乗ったその舞台は完璧なエンターテイメントです。泣きが入るほど大笑いしたヨ!
みんなを幸せな気持ちにさせてしまうピンQちゃんのダンスはマジで至宝です。また観たくてタマラナクなるんだヨ!

成瀬さんの尋常ではない個性には毎回ア然とさせられる。
成瀬さんの歌世界は、まるで狂気の花園に住む仙人のようでした。まさに圧巻の舞台にド肝を抜かれた。
噂の「ひとりボヘミアンラプソディ」も初めて拝見できて、この世の果てまでフッ飛ばされました。成瀬さん、最高だ。素敵すぎるド変人に乾杯だぜ!

小心ズさんの傑作「ケセランパサラン」を観ることができた喜びは、もはや言葉になりません。素敵なロードムービーを観てるような、ハートをワシづかみにされる映画を一本見たような、そんな充足感が心に広がりました。
客席と一体になって創り上げる舞台は、アーチストの創意工夫の結晶だよ。もう一度観たい!そしてその続編も観てみたい!そんな余韻がいつまでも残る傑作でした。小心ズさん、大好き!

リーガルさんの天才ぶりにはいつもながら圧倒される。驚倒する素晴らしさなんだヨ。
一瞬にして空気を創り上げ、淀みなく乱射され続ける爆笑ソングの数々。この現代音楽のマエストロの頭の中はいったいどうなっているんだろう?計り知れぬ天才のラビリンスだ。
お客さんからお題を頂き、一瞬にして歌に仕上げるアドリブの瞬発力。彼の才能はホントにとてつもないんだヨ!

ワタシ角森もヘンテコ軍団に負けじと懸命にJポップしてきました。歌って踊って思いっきり中年のオドロオドロしさを表現してきました。皆さんに楽しんで頂けたのなら、これに勝る喜びはアリマセン。

それにしても一年に一度やるかどうかの超マイナー曲「ソープ嬢失踪事件」がバカ受けするなんて、一体全体どんな現場なんだよ?いやはやマジで嬉しかったデス。

ではワタシの地獄セトリをタレ流します。

01.伊豆の踊り子
02.俺はプレイボーイだ
03.ソープ嬢失踪事件
04.チャリティー銀行強盗
05.うなぎの唄

アンコール

01.対人恐怖症ブルース

でした。

打ち上げで「このメンバーでツアーをしたいネ!」とみんなで咆哮し合いました。もしもそうできたなら本当にドリームです。いつか絶対に実現したいですネ!

単なる対バンイベントではない、まさにヘンテコ一座によるひとつの興行なんだとワタシは思っています。
五人全員でひとつのショーなんだ。
だからもっとたくさんの人々に観て頂けるように頑張りたい。夢がまたひとつ増えた。

と言うわけで、今後ともヘンテコ軍団をよろしくお願いします。次はもっともっとエグく楽しくやります。

では皆さん、また逢う日まで、その時まで大アデューだ。
素晴らしいメンツでした。みんなのコトが大好きだ!ホントにありがとうございました!アウトレイジ、全員キチ◯イ!
posted by ツリー at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

ご自愛くださいね。

写真.JPG





10月7日(火)

朝晩が冷え込んできた。皆さん、どうか風邪など引かれぬようご自愛くださいね。

だがワタシも人のコト心配してる場合ではナイ。

この冷え込みの中、毎晩泥酔し、いつ寝たのかもわからぬまま、パンツいっちょで床に転がって、朝まで生失神しているコトが多すぎる。風邪を引くなという方がどうかしている。

電気を消して布団に入り「さあ、おやすみなさい」というフツーの就寝をここ四半世紀していない気がする。
毎晩フラフラに酔い痴れてバタンキューだから、これで長生きせよと言う方がどうかしてる。

何でも悪く考え、ダメな方、ダメな方に転げ落ちてゆくタイプの人間は確かにいる。

俺だ。

しかし悲観することはナイ。そんなの仕方がナイんだ。ダメな性分だとか、オゾマシイ宿命だとか、そんなのに抗っても仕方がナイ。

やっぱり生きて、楽しいコトに身をやつすべきだ。身も心も耽溺できるサムシングに恋い焦がれて生きるべきだ、とメッセージしたいワケなのです。

と言うワケで、今宵もゆるめるモ!のライブに行ってきました。毎度毎度コレばっかでスミマセン…。

そうではあるが、もうバリ楽しかったワナ!終演後、ヲタ仲間の田部井さんと歓喜のシンポジウムで豪酒したワナ!

ほんの3ヶ月までは、自分がこんな風になるなんて想像もつかなかった。ももクロのライブは年一、二回だけだし、そもそもチケットが取れなかった。激愛のBISは解散しちゃったし…。

幸運なことに、今はももクロちゃんやBISと同じくらい愛さずにはイラレナイ激アーチストが増え、その人たちのライブに通い狂えるド感動の日々です。
頭ではなく、身体が、心がハッピーなのだとむせび泣いている。

心が望むものだけを、心は望んでいる。

ウディアレンの映画の中のセリフだったかしら。ホントにその通りだと思う。

「今日も一日、これが人生最後の日ってくらいの気持ちで、楽しく生きたいわね」

これも何かの映画でエリザベス・テイラーが言ってたセリフだったかしら。

これまた本当にそう思う。大切なコトですよね。

今日の写真、シャツ、ダラダラ&腹筋ゼロの凄惨な肉体、大変失礼いたしました。皆さん、どうかご自愛くださいね。
posted by ツリー at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

台風の日は休日

写真.JPG





10月6日(月)

台風の日は休日だった。結構な時間眠りほうけた。すごい雨風だったけど。

ぼやいてもしょうがないが、寝ていようが起きていようが、身体のダルさは同んなじだ。昨年の検診では「要治療」がいくつかあった。しかし何もせず毎晩大酒を飲んでるワケだから、いっそうボヤく訳にはイカナイ。自業自得だ。

お昼頃、台風は過ぎ去り、空が晴れ渡った。外に布団を干した。

台風だろうと、晴れてようと、部屋から出ないコトくらい判っている。

ウクレレを弾く。
曲を作る。
次のレテでは演れそうだ。

台風だから雨の歌をと思ったが、出来上がる頃には、雨はやんでカンカン照りになっていた。

夜、近所のスタジオで個人練習。
近くにスタジオがあるとありがたい。自転車圏内なら動ける。

二時間、ノンストップで歌い続けた。汗かいた。
どれもこれも良いメロディーばかりだから、歌ってて気持ちが良い。スカッとする。自分の曲のコトを言ってるんです。厚かましくてすみません…。

まだ歌詞がついてなくて、ラララで歌ってる曲の録音を聴くと、自分の声がマエストロの声に似ているのが面白い。ラララの時はいつも似ていると思う。歌詞が付くとそれはなくなる。

次のヘンテコナイトでは何を歌おうかと思案する。
普段イベントだと演る曲っていつも同じような感じになるが、ヘンテコナイトはフツーのイベントじゃないので、普段あまりやらないような曲にしようかしら。

超美メロばかりだし、二軍曲とはいえ、レパートリーの層の厚さを観て頂きたい。

10月8日(水) 新宿レッドクロスにて行います「新宿ヘンテコナイト」。
ぜひよろしくお願いします。

19:00 オープン 19:30 スタート
2500 予約 2800 当日、ドリンク別

レッドクロスHP
http://www.sputniklab.com/redcloth/

お待ちしてます。
posted by ツリー at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

アイドル甲子園に行ってきました。

写真.JPG



10月4日(土)

仕事終わりに髪振り乱し、血相変えてクアトロまで猛ダッシュしました。「アイドル甲子園」を観に行くためです。

仕事で間に合わないと諦めていましたが、タイムテーブルを見るとどうやらゆるめるモ!とベルリン少女ハートには間に合いそうでした。
ワタシは色めき立ち鬼の形相で爆走しました。そうしなきゃならないサムシングがこのふた組のアーチストにはあるのです。

物販に行こうか、即フロアに行こうか悩みましたが、ライブを観るコトにしました。チラッと物販の列を見ました。前回病欠だったメンバーのけちょんがいたので、元気になったのだなと安堵しました。

竹井さんと田部井さんと合流しました。二人とも筋金入りのドルヲタでひじょーにキモイです。

「つのもりさんの方が我々の数倍キモイですよ!」

気のおけないマブダチどもです。

身勝手で厚かましいのですが、できることならゆるめるモ!とベルハーのライブは、なるべく前方で発狂したい。ワタシにはその欲望を抑えがたい。そんなワタシが、いかにこのアイドル203高地を陥落する事ができるのか、その辺りの指揮命令系統を、これまた神懸かったヲタであるマブダチのうーたんに依頼しました。

うーたんはこのイベントの模様をパソコンで生中継で観ているので、PCを見ながら状況判断をし、的確な指示をメールで送ってくれました。ようするにうーたんに遠隔操作されていたのです。

「つのもりくん、今どのへんにいるの?ええっ?一番後ろぉ?じゃあ次の呪々で真ん中あたりまで来て、その次のベルハーん時のモッシュにまみれてなんとか2、3列目にたどり着かなきゃだわね!」

うーたん参謀から矢継ぎ早に指示が飛びます。ワタシは彼女の命令に従いました。忠実な一兵卒として行動しました。うーたんはワタシにゆるめるモ!の存在を教えてくれた人です。とても恩人なのです。

愛聴してきたベルリン少女ハートのライブを初めて生で観る事ができ、感激しました。完全に頭がブッ飛んでしまいました。本当に素晴らしかった!

そして、ゆるめるモ!が始まりました。ワタシにとって歓喜の瞬間です。
今夜は、ももぴ、ちーぼう、ゆみこーんがお休みで四人のゆるめるモ!でした。寂しく思いましたが、それでもワタシのゆるめるモ!に対する愛情は微動だにしません。最高に幸せな時間を過ごさせてもらいました。心が爆発しました。他では得られない大きな喜びです。

アイドルが好きだと言うと、よく現実逃避だねと言わたりしますが、ワタシにその実感はありません。
現実は事実であり、事実こそがすべて現実なのだと思っています。

逃避が可能な現実などありません。そうやすやすと逃げ切れるほどオッサンの世界の現実は甘くはアリマセン。

ヒジョーにキビシイ現実と、とてつもなく幸せな現実と、波風の立たぬ無風状態のような現実とが代りばんこにやってくるだけです。
ワタシは意識して、楽しくハッピーな現実世界に、少しでも長くいたいと願っているだけです。

ツライ現実はキライです。

明るい笑顔で、愛と友情にあふれた優しい気持ちで生きていたいです。

でも実際は生きてるだけで耐え難い恐怖ですから、それと戦うには「絶対に楽しくハッピーでいるんだ!」と強く願い、行動することだと思っています。ワタシにはゆるめるモ!やプールイがそれを後押ししてくれるのです。

アイドルたちもワタシたちと同じように、心に煩悶やおびえを抱えて生きています。しかし彼女たちは舞台の上に立つと、自分のことはさて置きで我々に尽くしてくれます。
笑顔と明るい気持ちを取り戻させてくれます。尊敬せずにいられますか?


自分も舞台に上がった時は、常にそうありたいと願っています。

夢見るのは「笑顔と愛と友情と明るい気持ち」です。
なんだそりゃ?と思います。なぜなら、そんなもの手に入らないのだから。

それでも、ワタシはそれを夢見ずにはいられません。だから、大好きな人たちのライブに通い、自分もまたライブをやり続けるのです。

それがワタシの「現実」だからです。

また熱くなっちゃった。やっぱり、相当キモイですよね。ごめんなさい。でも幸せなんですよ。
posted by ツリー at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

もうすぐ「新宿ヘンテコナイト」です!

写真.JPG




10月3日(金)


再三の陳情、申し訳アリマセン。

そうではありますが、このイベントだけは、どうしても宣伝し、皆さんにいらして頂けたらと願わずにはイラレマセン。とってもストレンジで愉快な猛ナイツなのです。

10月8日(水)に新宿レッドクロスで開催されるイベント「新宿ヘンテコナイト」へのお誘いです。

前回初めての「ヘンテコナイト」に呼んで頂きました。
ワタシはいつものように、仕事帰りに主旨もよく判らぬまま駆けつけたのです。
そして出演者の皆さんのステージを観てビックリ仰天いたしました。

出演陣はそのイベント名に恥じぬ、ひと癖もふた癖もあるヘンテコなアーチストばかりで、観てて驚きましたし、とても嬉しかったです。ホントにみんな素敵すぎるアーチストばかりだった!

「こんな個性的な人たちの中に俺のような何の変哲もないJーPOPが加わってもイイのだろうか?」

そう思わずにはイラレマセンでした。ガクガクと武者震いしながら登壇しました。しかし心底楽しく演奏できました。とにかくイベント全体がモーレツにハッピーだったのです。

終演後も出演者全員でテーブルを囲んでお酒を飲んだりと、一瞬にしてうちとけて愉快な時間を過ごしました。

ちょっぴり異形で、他に代わる者がナイ個性を放つとってもキュートなヘンテコ軍団。ぜひとも一人でも多くの方々にごらん頂きたいのです。ワタシはそう願っています。

と言うわけで、よろしければぜひ「新宿ヘンテコナイト」にいらしてくださいませ!
出演者一同、皆さんのご来場を心よりお待ちしています。ヨロシクお願いします。アウトレイジ〜全員キチ◯イ。

★10月8日(水) 新宿レッドクロス

「新宿ヘンテコナイト」

出演/角森隆浩、小心ズ、成瀬晃一、イーガル、ピンQ

開場/19:00 開演/19:30
予約/2500 当日/2800(各ドリンク別)

前売り券
☆ローソンチケット : 78207

☆レッドクロスHP
http://www.sputniklab.com/redcloth/

☆角森隆浩 チケット予約フォーム
http://from1.fc2.com/from/?id=757618
posted by ツリー at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月04日

自分を救うのは「自分」だけ

写真.JPG




10月2日(木)

7日ぶりの休みだった。
精魂ともに朽ち果てて、死亡ホリデーだった。

しかし命朽ち果てようとも、布団だけは干さなきゃナラナイというのが今日の至上命題だった。

もうこれ以上、一秒だってこの布団で眠ることなどデキナイやしない。眠ってはナラナイし、眠るつもりもサラサラない。
牛舎で牛糞まみれのワラの上に寝てた方が衛生面では格段に良好なハズなんだ。この布団だとね。

身体がダルイ。指一本動かすのも、鼻毛一本そよがせるのもメンドクサイ。だが、ワタシは蛮勇の猛を奮って布団を担ぎ上げベランダへ出た。

「えーい!センベイ布団よ、浴びよ日光を!殲滅するぞ、クソダニどもを!」

俺はマントのようにバサッと布団をはためかせてベランダの柵にかけた。

ドサドサッと何かが落下する物音が聞こえた。ううっ、なんかが階下に落ちたみたいだ!布団の中に絡まってた衣類があったのか?またか?またくだらない不注意か!知らん、俺はもう知らんゾ!

錯乱しながらベランダの下をのぞき込む。目ん玉が飛び出て鼻血がブーッと100デシリットルは出血した。

「ジ、ジーパンが!俺のジーパンが、一階のメンヘラ野郎の敷地内に落下している!」

またミスってしまった。布団の中にジーパンが巻き込まれていたのを気づかずに干してしまったのだ。その結果、哀れジーパンは階下の住人のテリトリーに不時着してしまった。

俺はしょっちゅう下にモノを落とす。だが階下の住人は無頓着なのか、落下物をずっとそのまま放置し続けるのだ。

見下ろすと、俺の洗濯バサミや布団バサミなどが何年も雨風にさらされたまま、そのムクロを晒している。

さすがにジーパンはそのまま捨て置くワケにはいかないヨ。なんとしても救出しなければナラナイ。さて、一体どうすればイイのだろうか。

階下の部屋のピンポンを鳴らし「いゃあ、申し訳ありません、うっかり布団を叩き落としてしまったのですよ。引き取らせて頂けませんか?」などと気さくな笑顔で訪問すれば良いとでも?

絶対に不可能だ。俺は宇宙で一番根暗なメンヘラなんだ。見ず知らずの他人となごやかに談笑するなどもってのほかだ。そんなの想像もデキナイし、したためしもナイし、今後もするつもりはナイ。

「強行突入するしかナイ!」

俺はそう決心した。でもどうやって?

俺は宇宙で一番根性がない男だ。
サッと塀を乗り越えて布団を拾い上げてレスキューするような英雄的行為などできるハズがない。
不法侵入で捕まるのがコワイ。余罪がバレると死刑になりかねないからだ。

一計を案じた俺はカサを持って階下へ降り立った。そして塀によじ登り、干したスルメのように上半身だけ不法侵入すると、なんとかカサの取っ手をジーパンに引っ掛けて釣り上げた。

「なんという英知だ!なんという完璧な救出劇だ!俺の頭脳と勇気ある行動はどんな困難でも克服するのだ!」

俺は干しスルメ状態でジーパンをつかみながら叫び狂った。この俺に不可能の文字はナイ!欲しいモノは何だって手に入れる。金もオンナも、そしてカビくさいジーパンだって!

俺がジーパンをこの手にワシづかんだ瞬間、ポケットからポロリと何かが落ちた。

「て、定期がッ!昨日買ったばかりの定期が落ちた!再びクソ敷地内に落下してしまった!」

俺は塀の上で干しスルメのカッコのままバタバタと足をバタつかせて悲しみの怒号を張り上げた。

「な、なんてコトなんだよ!一難去ってまた一難、なんで俺の人生はこうもツイてないんだよ!」

つべこべ言ってる場合ではナイ。今度はジーパンどころの騒ぎではナイ。
まだ一日しか使ってない定期券を落っことしてしまったのだ。ダンプで塀に突っ込んででも取り戻さなきゃナラナイのは明白である。

人間窮地に陥ると縦横無尽に知恵が働く。

俺は部屋に戻りカサの取っ手にガムテープを巻きつけるとギラギラした獣のような目で再び塀に登った。

「グヘヘヘ。恐怖の「トリモチ作戦」だ。この吸着力、定期はおろか、地中深く眠るモグラだって吸い付いて釣り上げるコトができるだろうさ!」

俺は尻丸出しでカサを伸ばし、ペタリと定期券を粘着させた。

「うおーっ!カスみたいな近隣住人どもよ、見たか?これがビクトリーだ!これが真のグローリーだ!」

俺は首狩り族がヤリに突き刺した生首を誇示するかのごとく、カサを振り上げて叫び狂った。泥まみれのパスモが「近隣の皆さん、お騒がせして本当にスミマセン…」とでも言いたげに、頼りなくガムテの先っちょにくっついていた。


何とも言えずみじめな休日だ。

何がビクトリーだよ。何が真のグローリーだよ。お前、ホントにバカなのか?

自らの人生の敗北を認めるのはツライことさ。
それでも時間は過ぎ去ってゆく。あまりに無慈悲に、冷酷に時間は過ぎてゆく。
その嵐の中で、なんの抵抗もできず、ただボーゼンと死に体のまま時をやり過ごすのが俺の休日さ。完全にヘルプレスなのさ。

どっと疲れてソファに倒れこんだ。虚空を見上げたままレコードを聴く。清水靖晃の「IQ 179」だ(写真)。

「こうバカだと、世の中生きていくのってホントにツライな…」

俺はひとりつぶやく。IQ 179って超高けーよな?俺のIQってせめて二桁くらいはあるのかな?

ねぇチミ、モンモンとしてても何も始まらないよ。もうレースは終盤戦なんだよ。顔を上げて胸を張りな。
頭を使う必要なんてナイんだ。あとはヤルだけなんだよ。行動だけがすべてなんだ。走って走って、どこかの途中でパンッとはじけてそこで終わりでもイイじゃないか。な、走ろうよ。最後の一周、息を止めたまま全力で走ろうよ。チミならできる、きっとできるんだよ。

俺はヨロヨロと立ち上がって台所に行き、食パンを一枚焼いた。
朝も昼も食パンだった。でもすぐお腹がいっぱいになる。

食べ終わると、俺はウクレレを弾いて、蚊の鳴くような声でボソボソと歌い始めた。
posted by ツリー at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

角森隆浩 今後のライブスケジュールの詳細を漏洩

写真.JPG



10月1日(水)

10月になりましたね。本当に早い。
時が経つのが早い、早いっていつも同じコトばかり繰り返していますが、いやはや、今年のそれは格別に早い。

生き急ぐ気持ちで生きると、もうすぐに死ぬような気がして、これからはスローライフ、牛歩&太極拳なライフスタイルを確立したいです。

音楽と共に楽しく生きて生きましょう。でき得る限り。

では今後のライブスケジュールの詳細をタレ流すと同時に漏洩いたします。ご精読よろしくお願いします。

今のところは決まってるのウクレレソロのみです。

10月8日の新宿レッドクロス「ヘンテコナイト」、よろしくお願いします。皆さん、いらしてくださいませ!


角森隆浩 ライブスケジュール

★10月8日(水)

新宿 レッドクロス
「新宿ヘンテコナイト」

共演/小心ズ、成瀬晃一、イーガル、ピンQ

開場/19:00 開演/19:30
予約/2500円 当日/2800(格ドリンク別)

前売り券
☆ローソンチケット : 78207

☆紅布HP
http://www.sputniklab.com/redcloth/

☆角森隆浩 チケット予約フォーム
http://from1.fc2.com/from/?id=757618


★10月16日(木)

下北沢 lete
「近藤智洋 vs 角森隆浩」

開場/19:00 開演/19:30
予約/3000円 当日/3300(各ドリンク別)

レテ http://www.l-ete.jp/
レテHPにて予約受付中!


★10月24日(日)

阿佐ヶ谷 ハーネス

「前田カシ vs 角森隆浩」

開場/19:00 開演/19:30
前売、当日共に 2000円(各ドリンク別)

ハーネスHP
http://livebarharness.web.fc2.com/




★11月16日(日)

下北沢 BAR?CCO

HIGH BRICCO MEETING Vol.52
「小浜田知子 vs 角森隆浩」

開場/19:00 開演/20:00
予約/2000円 当日/2500円(各2ドリンク別)



★11月27日(木)

阿佐ヶ谷 ハーネス

「松崎ナオ vs 角森隆浩」

開場/19:00 開演/19:30
予約、当日共に2000円

ハーネスHP
http://livebarharness.web.fc2.com/
posted by ツリー at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。