2014年05月31日

ビビアンズと前肩の劇空間ライブ、無事終了!

写真.JPG


5月27日(火)


新宿レッドクロスにてビビアンズのライブを強行、そして無事終了!いやはやホントに楽しかった!いらしてくださった皆さん、本当にありがとうございました!

オーディエンスに対する超巨大な感謝の気持ち、これはもはや言語化不可能だ。それなのにあふれ出る感謝の想い。皆さん、ホントにリアルグラッチェなのです。

皆さんに何かお礼がしたい。そうだ、後日トヨカツを皆様のお宅にごあいさつに伺わせよう。一軒一軒しらみつぶしに彼がアナタのご自宅を訪問しても?

そしてトヨカツが訪ねてきたら、躊躇なく猛犬をヤツにけしかけてくれ。そして犬に向かって「ノド元をねらえ!」と指示してやってほしい。それが俺からの遺言だ。どうかよろしく。トヨカツ、涅槃で待つ。

当夜は大好きなギャルバン「前肩」とのジョイントコンサートだった(写真)。
「前肩」は我々の盟友であり戦友でもある。それゆえヒジョーに楽しみにしていたナイトだった。

前肩との共演は主催イベント「ビビアンズ・インフェルノ」以来だというから、かれこれ2年ぶりになるのかな。時間の流れは早いモンだが、そんなの感じてるヒマなどなかった。なぜなら忘我の境地でノリまくったからだ。

幾多の修羅場をくぐり抜けてきた筋金入りのアーチスト前肩。そんな彼女たちのパフォーマンスにエキサイトしないヤツがいるのだとしたら、そいつは中国の工場で働いてほしい。ビビアンズと前肩を愛せないのなら、狂った労働時間を愛せるハズだ。愛猫を撫でまわすかの如く残業を愛せるハズなんだ。違うのかい?

とにかくトコトン楽しい夜だった。グラッチェ、前肩、また一緒に下品なコトをやろう。それができるのはキミたちしかいない。

心配なアクシデントもあったがビビアンズはそれを乗り越えた。そしてまたひとつ我々は高みに昇った。

不治の病に冒されたトヨカツが、ついに当日声が出なくなったのだ。かすれたノイズのようなか細い声でゼーゼー言うだけである。これはかなり重篤な症状だ。危篤状態と言っても過言ではナイ。

「知るかバカヤロウ、風邪くらいで甘ったれるのもイイ加減にしろ!今日は一曲目から最後までクリスタルキングの「大都会」をやるぜ!歌うのはトヨカツ、キサマなんだ!」

俺たちはバンドのマスコットボーイを親身になっていたわった。

「声帯の復活には飲尿療法が一番効くわな!」

医師免許こそないが数多くのオペをこなしてきたエブバデセイ☆小宮山聖が問診結果を発表した。

「おいコラ、早よ寝転んで口を開けんかい!」

財前教授一派のスガノ綱義がクランケにやさしく話しかける。

「かんにんしてください!どうかこらえてください!」

トヨカツが血の涙を流しながら必死で筆談してくる。

「だからそんな筆談をしなくて済むように治療してやるって言ってんだろ!早よ横にならんかい!」

床に転がされたトヨカツにナイアガラの滝のような濁流ションベンが降り注がれた。

「うおー!うおー!そんな馬鹿な!ションベンが!そんな馬鹿な!」

ほら見ろ、ちゃんと声が出るようになったじゃん。よかったね。これで今夜も大成功ライブ間違いナシだ!

そのせいもあって大変良いライブができました。これもひとえに皆様の温かい声援と我々の濁りきった小便のおかげだ。本当に感謝しています。皆さん、ご来場ありがとうございました!

次のビビアンズのライブは7月22日に渋谷のgee-geにて敢行される。共演はザ・ピーズ、ハルさんのソロとやらせて頂くのだ。ハルさん、大好きだから俺は待ち遠しくて仕方がない。今から半狂乱状態なのさ。きっと楽しい一夜になるよ。皆さんもぜひいらしてください。よろしくお願いたします!

アデュー、愛しき者達よ。次回は新しい曲も披露させて頂きたいと思っています。どうか今後ともビビアンズをよろしくデス!
posted by ツリー at 15:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。