2014年02月10日

苦しみつつ なおはたらけ 安住を求めるな この世は巡礼である

写真.JPG




2月4日(火)

最近は買ったマンガにハズレることが多くガッカリである。
マンガに関しては新しいものも貪欲に読んでゆきたいと思っているのでハズレるとショックはなおさらデカイ。

そうではあるが、もうガキの恋愛モノや思春期っぽいサイコなヤツは実際ホントにウンザリになった。

「恋愛マンガ読んで胸キュンしまくる「46歳♂」。これくらいこの世でみじめなモノがあるのかよ!」

俺は錯乱して家じゅうの壺という壺を叩き割りまくった。
万年彼女ナシのキモオタオヤジが「好きっていいなよ」とか「となりの怪物くん」とかを読んでるのは、やっぱり精神衛生上よろしくないとやっとこさ判った。イケメン高校生と激カワギャルの恋愛話にリアリティーなどあると思うか?ポン引きがデリヘル嬢を狂ったように殴りまくる話しとかじゃダメなのか?とにかく、もっと人生の悲哀を感じられるような、熱い血の流れた作品がほしーんだぜ。俺の孤独すぎる獣道人生をナメんじゃねーぜ!

そのように憤懣やる方ない想いを抱いておられる諸兄にワタクシがオススメするマンガがコチラの作品なのであります。

望月峰太郎「ちいさこべ」@〜A続刊(写真)でありやす!

最初本屋で見かけた時「なに?「ちいさこべ」ってひょっとして「山シュウ」なの?」と思い手に取ってみた。はたしてやはりその通り、原作は山本周五郎で望月峰太郎が設定を現代に変えて劇画化しているのであった。

俺は若い頃、かなり熱心に山本周五郎氏の作品を読んでいた。
「青べか物語」や「季節のない街」など何十回読み直したかわからないくらい激読みした。生きていく上で自分にとって必要なものがあまりにたくさん散りばめられていた。

それを受け取れば、死ぬまで迷い子のような心細い気持ちで生きてゆかねばナラナイであろう、そんな黒々とした孤独と、決して心と心が通じ合うことのない酷薄と薄情がいたるところに散りばめられていた。俺はためらうことなくそれらを受け取った。


山本周五郎氏の作品をコミック化なんて、今までなかった試みで大変けっこうである。設定もキャラも面白いし、これからどうなるのか楽しみで仕方が無い。

「人生に必要なものは浪花節とリアリズム」。どなたの言葉だったかしら?
このバランス感覚がないと生きるのはヒジョーにむつかしいんダゾと愚かな迷い子に教えてくれた作家のひとりが山本周五郎氏であった。
posted by ツリー at 16:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買い物は煩わしい。

写真.JPG



2月3日(月)



仕事帰りにタワレコに寄ると、某アイドルグループがインストアライブをやっていた。

俺はそのグループの名を知らなかったのだが、たくさんの猛者どもが集い、獅子のごとく熱く高ぶっていた。グループも元気いっぱいのとても良いグループだった。

俺はももクロコーナーの前で金縛りにあっていた。
夏の日産大会のDVDが発売されていたのだ。そのモニターを直立不動でガン見してさめざめと泣いていた。

「握手券をご希望の方はCDをお求めください!」的なアナウンスが流れている。どうやらインストアライブは無事に終了したようだ。

「しおりん!結婚してくれ!」

俺はひたすらモニターに向かって叫び続けた。店内アナウンスなど、なにひとつ聞こえなかったハズだ。だって俺がそう叫んでいるんだから。

「し、しまった!求婚してる場合じゃなかったのだ!」

我に返った俺はそう叫ぶと脱兎の如くレジへと駆け出した。
しかし時すでに遅しだったようだ。
レジは先ほどのアイドルグループの握手券を求めるファンどもで埋め尽くされ、長蛇の列となっていた。俺は購入しようと手にしていた高尚なアートロックのCDを抱えて、列の最後尾に並ばされた。いやはやスゲー行列になっちゃったよ!

「腐りきったキモオタどもよ!握手券など欲しがるな!タレントの手など握りたがるな!どうしても握りたきゃ、俺のタマキンでも握ってろ!」

俺は下半身半裸で地獄のように叫びながら、列が進むのを待った。しかしノロノロの牛歩は一向に前進する気配を見せなかった。

「このままだと地獄に堕ちそうだ!この花魁道中みたいなスピードの歩みはいったいなんなんだ!キモオタどもは便所で清算させろ!釣り銭の代わりにクソを手渡してやれ!」

もはや耐えきれず全裸となっていた俺は、列の最後尾から正論を吐き続けた。

「俺はガマンした。充分にガマンしたんだ!だからこれ以上もうキモオタどもに囲まれるのにはガマンがならん!どいつもコイツもいい加減にしろ!」

もう俺はこの状態になると手が付けられないんだ。血走った目でトコトン正論を吐き続ける。ある意味、正義のモンスターと化しちまうんだ。

「コイツらは牛や馬の性器に性的興奮を感じるド変態だ!バカばっかりだ!」

血の涙を流しながら叫び狂う俺の手には「セーラームーン」のCDが握られているコトを忘れているのは、果たしてこの世で俺一人だったのかも知れない。

そうなんだ、やっと今夜「セーラームーン」を買ったんだヨ☆月に代わって集団リンチよ☆
posted by ツリー at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てんてんこに行ってきた☆

写真.JPG



2月2日(日)

先月末、松戸にある絵画喫茶「てんてんこ」に行ってきた。
てんてんこオーナーであるミーカチントちゃんのバースデーを盛大に祝うために仲間達が集まったのだ。
そして人類史上かつてないほどの楽しい時間がてんてんこに充満した。充満したのは俺の猛毒スカ屁ではなく、ハピネスだ。

ミーちゃんやみんなの笑顔を見ていると、俺はそれだけで夢見心地になる。俺にとってここは、素敵なダチどものスマイルに出会える場所なのである。マック赤坂こそいないのだが…。

当夜も皆でいつ果てるともなくハッピーバースデーを歌い続けた。俺も夢中でうめいたよ。増井さんのトロンボーンでのハッピーバースデーは最高だった。シビレにシビレた。みんなの温かい絶叫唱和もビシビシハートに響いたぜ。まじピースフルだった。

などといかにも常連客ヅラをして、のほほんと純文学している俺だが、実はてんてんこには去年の12月に訪れたのが初めてだった。え〜っ!キサマ、ド新規もいいとこじゃん!
でもねここは、常連、イチゲンに関係なく、みんなでフレンドリーに過ごせるドリームランドなのさ。激しくネバーランドなのさ。

俺の出不精は、ほとんどビョーキな程、まさに最悪レベルの引きこもり野郎なんだ。
そんなシリアルキラーの俺が足しげく通うお店がこの世に存在するのだとしたら、それはてんてんこをおいて他にはナイ。今やメッチャ大好きな場所なのである。

写真は帰り際のスリーショット記念撮影。
俺をてんてんこへと導いてくれた大親友のマスミちゃんと、ミーカチントちゃんと第二の佐村河内守がパチリとフォーカス。ホントに楽しかったぜ!

というわけで、ミーカチントちゃん、そして、てんてんこに集う皆さん、どうか今年も宜しくお願いいたします!
posted by ツリー at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。