2014年02月28日

アナコケーキ美味しかった☆

写真.JPG




2月27日(木)

職場にアナコちゃんが訪ねてくれて、差し入れに凄まじくテイスティーなゴージャス・グルメケーキを頂いた(写真)。

職場は苛酷な戦場の最前線だ。玉砕覚悟の肉弾戦だ。そこで俺は戦っている。物資の補給も絶たれ、食糧はそこをつき、部隊にはマラリアが充満していた。
要するに夕方の休憩時間前の超空腹な時間だった。俺はアウアウとうめきながら死線をさまよっていた。飢えと渇きで死ぬしかナイ。それはハッキリとした確信だった。手短かに言えば腹ペコだった、というコトだ。

そこへアナコちゃんが救世主メシアのように現れた。
乞食同然で地べたに這いつくばり、蚊の鳴くような声で「どうか食べ物を…」と懇願をし続ける俺に彼女はドバイの大金持ちでも手が出せないようなラグジュアリーなケーキを施してくれた。

俺にとってそれはまさにミラクルケーキだった。アナコちゃん、マジでありがとうだぜ!メッチャ美味しかったぜ。メッチャ嬉しかったぜ。ケーキもさることながら、久しぶりにチミに会えたってコトがね。

ドバイケーキは瞬間的に俺の胃袋に消えていった。信じられなかった。何度もリバースし、何度でも、いつまでも召し上がっていたいぜ!そんな執着心を起こさせるケーキだった。俺は生涯忘れはしない。このドバイテイストを。

別れ際に「今日はこれからなんか用事あるの?」って聞いたら「ハイ!今からキャットファイトの練習デス!」って答えてた。
相変わらず素敵なアナコちゃんでした☆

1日には久々にビビアンズが集まってミーティングという名の隠れ蓑を着た殺し合い飲み会がある。さあ、そろそろ活動再開だ。進撃の狂人どもよ。

ちなみにその殺し飲みの日、アナコちゃんはキャットファイトの本番があって、別会場で殺し合いをしている。なので参加ができなくて残念だ。空いてる時間あったら是非いらしてネ☆
posted by ツリー at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

大阪滞在記? 朽木を見ていた。

写真.JPG



2月16日(日)

帰省。ホントは朝イチの電車で帰りたかったが、ソファに座って放心等に忙しく、なかなか巣から出られなかった。ウカウカしている間に夕方の新幹線になってしまった。

新幹線の中では翌日のライブの告知を執筆&アップした。書き終えたらすぐに眠ってしまった。疲れきっていた。

「帰省って言っても、どうせすぐに東京に戻るんだろう?」

悲しいかな俺にとって「世界」とは心の内でウジウジ自問自答するだけの、セコくて狭い自己の世界でしかない。
外の世界や友達に対する愛も、すべて胸の内の自問自答で完結している。現実生活でわき起こる誤解はあらかじめ読み込み済みである。何が起きても動じない。

「ワタシはとっても愛していますよ。でもそんなコト、アンタらは知らなくても良い話ですよ」

人はやって来て、人は去ってゆく。ただそれだけの話だ。

「やはり出来ることならふるさとがイイんだがなぁ…。ドストエフスキーだったかチェーホフだったか、確か言ってたよな。「人間は家族や親戚の近くで、ひと塊りになって暮らすべき」だって」

そんなコト言ってたっけ?俺は記憶力が悪い。だから何でも都合の良いように改ざんして記憶ボックスにしまい込む。悪いコトばかりではなかったが、それでも逐一覚えてたら恥ずかしくて死んでしまう。

「もしビビアンズやってなかったら今頃東京にはいないだろうね」

もうひとりの自分が意地悪く問いかけてくる。少しイラっとする。しかしまぎれもなくそれが正解だ。
バンドは何よりも大切なものだ。一度でもそれをやったことがある者のならば、誰だって理解できるはずだ。

「とにかく、もうすぐ甥っ子どもに会える訳だ。彼らへの愛情は本物だよ。それはテメエにだって判っているだろう?」

ウジウジとした自問自答は続く。
だがもう少し歩けば我が家である。
今さら「我が家」だなんて臆面もなく言って良いものだろうか?ためらわれる。しかし家族はそんなコト気にしちゃいないだろう。早く帰りたい。もっと早足で歩けよ、バカ野郎。早く我が家に帰りてーんだヨ!

生家の近くで立ち止まり、一本の朽木を見上げた。
枝は切り落とされ、生気はなく、剥製になった死体のように立っている。そんな朽木を俺は言葉もなく見つめていた。

40年前、枝いっぱいに青々とした葉を繁らせていたこの木によじ登って俺は遊んでいた。夏になるとセミ採りをしていた。面白いくらいたくさんのセミが採れる木だった。
それが今では、なんだが得体の知れない前衛オブジェみたいになってしまった。

俺は長い時間、その朽木を見つめていた。
posted by ツリー at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

下北沢レテでのバースデーライブにいらしてくださり、本当にありがとう!!

写真.JPG




2月14日(金)


記録的な大雪の日、下北沢レテではワタシのソロワンマン「オゲレツ独演会」が強行されようとしていた。
しかも2月14日はワタシの誕生日なのである。自分の誕生日にワンマンライブを強行する。人智を超えた愚行にオーディエンスの怒りが爆発した。

「つのもり!巨悪だ!絶対に許せねえ!殺すしか無い!」

ひっきりなしにかかってくるキッズどもからの殺害予告で自宅の電話はパンク寸前となった。

「つのもり!14日は絶対に行くぜ!そして全員でキサマのはらわたを引きずり出してやる!」
「俺の仕事は土方だ。キサマのケツの穴につるはしを振り下ろしてやるぜ!」

普段は心やさしき音楽ファンの彼らをここまで凶悪なシリアルキラーに変えてしまう俺のライブとはいったい何なのだろうか?

俺自身、誠実に音楽を続けてきたつもりだ。無慈悲な殺害予告を受けるために25年もの間、俺はドロ水をすすってきたワケではナイのだ。

「地獄で畜生道をひた走るブタ以下のキチ◯イどもが!マジやかましいぜ!どっからでもかかって来い!返り討ちにしてくれるわッ!」

俺は激昂して吠えまくった。「目には目を、歯には歯を」は俺にとっては「ラブ&ピース」と同義語だ。
一日24時間、1秒も休まず人間関係でモメていたい。命果てるまで人生はトラブルの連続であって欲しい。
そんな俺の切なる願いをオーディエンスはいつだって叶えてくれる。この世で彼らだけが、かけがえのない存在なのだ。彼らの笑顔のためなら俺はなんだってやるだろう。

「だったら早く引退しろ!」
「佐村河内!どう考えても2月14日誕生日ってウソだろ!」
「後期高齢者!ホントはもっと年寄りなんだろう!46歳なんてサバ読みなんだろ!」

情け容赦ない怒号が飛び交う。
なんなんだよ、テメエらは?この客どもの怒りを鎮めるコトなど、もはや神でも不可能なのか?

だが彼らはこんな大雪の中をやって来てくれた。大変な苦労をしてまで俺に会いにきてくれたのだ。ありがたい。そして心底愛しい。俺と客どもとの友情と信頼はもはや臨界点まで上り詰めた。

その結果、俺に対する怒りが爆発した。怒号が鳴り止むコトはなかった。マ、マズイ。とにかくライブを始めなくては…。彼らが暴徒化するのは時間の問題だ。血に飢えたオーディエンスが俺の命を狙っている!

第一部
1.いつまでもOnly You
2.整形美人
3.温泉へ行こう
4.あなたの喪主になる
5.気絶節

第二部
1.君がいれば幸せ
2.年の差なんて気にしない
3.木魚
4.私の息子は将来の横綱
5.部屋へおいでよ(倒壊ブルース)
6.うなぎの唄

アンコール
1.グラタンを食べよう
2.ものすごく幸せ

でした。なんか曲数が足りない気がするが思い出せない。なぜなら、何も思い出せないくらい忘我の境地だったからだ。それくらい幸せだったからだ。

こんな大雪の日に、交通手段も危ないというのに、遠くから俺のライブにいらしてくださった野郎どもが、こんなにもいてくれた。本当に嬉しかった。自分は世界で一番幸せな野郎なのだと確信した。自分にとって大切なものを、今夜すべて与えられた気がしたのだ。

超豪雪の八甲田山だったが、レテの中は例えようが無いほど平和だった。ハートウォーミングなピースが充満した。俺は実は平和が大好きなんだ。平和だけが好きだと言ってもよい。もめ事も好きなんだが。

あらゆるモノゴトが信じられず、得体の知れぬ恐怖が押し寄せてくる毎日だ。俺は時おり生きているのが怖くなる。
そうではあるが、今夜のキッズどもの笑顔は「ジジイ、何も怖がらなくてイイのだ」と言ってくれているように感じた。
楽しければ、おのずと恐怖は遠くに行く。笑顔だけが残るハズなのだ、と。

今宵この時、まさに俺は「往生」したのだ。「ロックンロール極楽大往生」したのである。
いらしてくださった皆さんが、おれを極楽浄土にいざなう天女だった。本当にありがとうございました。
そしてレテに来ようとしたが交通事情等でやむなく断念せざるを得なかった皆さん。キサマ達全員に心の底からありがとうを言わせてほしい。マジ激烈に感謝しているぜ。

今宵、お金で買えないものを俺は与えてもらった。欲しいものはすべて金では買えないものばかりだ。金髪のコールガールは以外は。そうだろ?

いつまでも永遠にリアルグラッチェを叫ばせてほしい。皆さん、本当にありがとうございました!

写真はツリーマニアユニオン、まきねこが用意してくれた「46歳ケーキ」である。

「46→シロー→死霊」。

というわけで凄まじい呪いのこもった「死霊ケーキ」をみんなで貪り食った。ゾンビがはらわたを食いちぎるようにね。

こうして楽しく幸福なひと時は終わりを告げた。

ひとりの人間に与えられるには、あまりにも大きすぎる幸せを両手に抱えて、俺は雪の中、家路へと向かった。

翌朝、レテのすぐ近くで「シャイニング」のラストシーンのジャック・ニコルソンのような表情で雪に埋もれている俺が発見された。フンドシいっちょでカチンカチンに凍っていた。

アデュー。そして、ありがとう。これぞまさに浄土だ。俺は生涯忘れない。決して忘れてはナラナイ夜だったのだ。本当にフォーエバーグラッチェ。みなさん、また会おう。
posted by ツリー at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

おかえりなさい。

写真.JPG




2月22日(土)

今日も一日が終わった。

様々な漠とした不安を抱えて帰宅した。
静かな佇まいだが内心はオロオロとしている。

風呂にも入らず、熱燗と湯豆腐とワサビ漬けの夕食をアタフタと用意した。
お銚子を一本のみホッと一息つく。今日も無事帰ってきたんだね。


何年ぶりかでビートルズのホワイトアルバムを聴く。
聴きながら、飲みながら、笑ってしまった。なぜならば、どれもこれも良い曲ばかりだからだ。こんなにもイイ曲ばかりだったっけ?

「おーい、ロックって何なのよぉ〜!」

俺は瞬く間に酔ってしまった。
酔って蛮声を張り上げて、独り言を言っている。

オイオイ、テメエは何年ロックをやってんだよ?テメエはまだそんなコトも判ってねーのかよ?ホントにどうしようもナイなぁ。だからいつまで経ってもウダツが上がらないんだよ。

「うるせーなー!俺だってそれくらい判ってるよー!甘く見んじゃナイヨー!」

酔っ払いがキーキー独りでわめいている。

「ロックはねぇ「歌の伴奏」なのッ!知ってた?歌のバンソーなんだよー!」

そう叫ぶと、酔っ払いはビリビリと凄まじい轟音の屁をコキ上げた。
イイカ!ロックンロール ハ 歌ノ バンソーナダケナノ!

胃腸の弱い中年の酔っ払いはブーブー屁をコキ続けた。

その後ろで、バカ中年の放屁に負けじと「ヤーブルース」をラウドに演奏しているビートルズがいた。
posted by ツリー at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

明日2月17日は大阪梅田フラットフラミンゴでライブです!皆さまいらしてくださいませ!!

写真.JPG


2月16日(日)

ただいま大阪へ向かっている新幹線の中であります。ビールを一本だけ頂き安息いたしております。
BGMにセーラームーントリビュート→ドゥルッティーコラム→アートブレイキーと脈絡なくノリまくっております☆
そして明日は梅田フラットフラミンゴでのソロライブです。皆さんにぜひともいらして頂きたいのです。どうか皆さん、いらしてくださいね〜!

滅多に大阪でライブをやらないものですから、お客さんにいらして頂けるか不安にさいなまれております。
ワタシのジャーマンプログレで皆さまの憩いのひと時のお手伝いをさせて頂けたらと存じます。19時オープンの20時スタート。\2000でワンドリンク別のボッタクリライブです。
ワンマンで2ステージ制、お客様から「もうカンベンしてくれ!頼むからこれ以上歌わんといてくれ!」と命乞いの悲鳴が上がるライブが確定。とにかく一生懸命、常磐津を唄い踊りますので、どうか皆さん、明日の夜はフラットフラミンゴにいらしてくださいませ!よろしくお願いいたします!!

★梅田フラットフラミンゴ
大阪市北区神山町8-7 日宝サンライズタウンビル2F
070-5341-2540
posted by ツリー at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

うおー!また間違えちゃった!!

写真.JPG




2月14日(金)

昨日、母に宛てた私的メールを、また間違えてブログにアップしてしまった。

俺のケータイのアドレスは「あ行」で「お母さん」と「オゲレツ365日」が隣り合って並んでいる。なので、ついついオカンとオゲレツ365日を間違えて誤打してしまうのだ。確かこれで2回目ダヨ。

しかも、またしても「お母様お元気ですか?」で始まる超丁寧な文章である。育ちの良い坊ちゃん貴公子ぶりが図らずも全開になっちまった。

「スラム街育ちで、天涯孤独の麻薬ディーラー」という俺のパブリックイメージが大きく崩れた瞬間だった。もう取り返しがつかないイメージダウンだ。マジミスったぜ。

俺のダーティーなロックイメージから遠くかけ離れたマザコンぶりに我ながらタジタジになった。自分自身を呪い殺したくなった。

そうではあるが、17日は大阪でライブがあるのさ。梅田のフラットフラミンゴでLAメタルの真髄をお見せしたい。俺の全身入れ墨だらけのマザコンロックショーに是非ともいらして頂きたいのさ。関西の皆さん、何卒よろしくお願いいたします!!

そんなこんなで今日は誕生日でした。下北沢leteにてバースデーライブを強行させて頂きました。大雪の中、いらしてくださったキッズどもと一緒に最高に盛り上がったデスメタル・ナイトだった。

このライブの模様は次回のブログでネチネチとリポートさせて頂くぜ。乞うご期待だぜ!

では残雪甚だしき夜ですが、帰路は気をつけて帰宅しなさい。尻丸出しで横転したりしないよう充分に気をつけなさい。

では今から昨夜のライブリポでも純文学執筆しまくろうかな。
アデュー。BGMはジョン・レノンの「マザー」だ。もしくは海援隊「母に捧げるバラード」だ。アデュー、マザコン、アデュー。
posted by ツリー at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

no-title

お母様、お元気ですか?急で申し訳ありません、帰省ですが、16日から帰っても構いませんか?20日の朝、東京戻りですが、よろしくお願いします*\(^o^)/*

iPhoneから送信
posted by ツリー at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

孤独死をまぬがれた友情は悲惨でミジメなライブで倍返ししたい。

写真.JPG




2月11日(火)

仕事復帰。しかし即蒸発するだろう。俺は病床の中で最終解脱した。もう世俗にまみれるつもりはナイ。世知辛い世の中からはトンズラを決め込み、俺のような神的人間がいるべき聖なる世界、ようするにパチンコ屋か雀荘に入り浸るコトにした。そこで自分と真摯に向き合いたい。

闘病中はツリーマニアユニオン主幹、YOSが救援物資をもって我が家にやって来てくれた。あのサプライズ訪問は本当に嬉しかったし、ありがたかった。冷蔵庫には一粒の米粒すらなく、ワタシは絶対に外出などしないから、YOSが来てくれなかったら完全に孤独死するところだった。
YOSとまきねこ夫妻、ツリーマニアユニオンの熱き友情に感謝したい。キサマ達、本当にありがとう!

ちなみに何か予感があり、YOSが持って来た食べ物を念のために少しずつ外へまいてみた。それを口にしたカラスが大量死していた。死に彩られた危険な罠だった。九死に一生を得た。


そんなこんなで14日は下北沢leteでワタシのワンマン「オゲレツ独演会」である。厚かましくもバースデーライブなのである。今回はYOS達以上に俺の死を願うマーダー達が大量に押し寄せてくれるようなのだ。なんともはや、信じられない事にソールドアウト寸前まで予約がきているらしい。みなさま、ありがとうございます!あともうひと声、みなさまにいらして頂けたらと願わない訳にはいきません。もう少しだけ入場できますので、どうかいらしてくださいませませ!明確な殺意をお持ちの方々のご来場、心よりお待ちしております!!19時半オープン、20時半スタート、予約\2000、当日\2300(ドリンク別)。予約してね☆

http://www.l-ete.jp/
posted by ツリー at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

大阪ライブに向けて、ヒゲをのばしているんです。

写真.JPG




2月10日(月)

インフルエンザ休暇中、風呂に入ってない訳で、したがってヒゲも剃ってない訳でけっこうムスタッシュが激のびした。

俺はマッチョな殺人者だが、体毛がツルツルだ。頭髪とチン毛だけは豪毛で、あとは少女のようにツルツルのモチ肌なんだ。
だからヒゲなんて全く生えてこないし、当然のばしたコトもない。

「ツリーはええなぁ、俺なんか3日も剃れへんからZZトップみたいになってまうやんけ!」

超豪ヒゲのエブバデセイ☆小宮山聖がうめきながらジェラスしていた。コミーの場合、朝ヒゲ剃りしても夕方には黒々と長嶋茂雄になってしまうのだ。俺にはその苦しみは理解できない。豪ヒゲ野郎の宿命なんだよな。

だがそのモチ肌人生にも、ついに終止符を打つ時が来たようだ。
インフルで寝込んでる間に少しだけヒゲがのびた。せっかくだから剃るのはモッタイナイ。シブい男に俺はなりたかった。

バカみたいなイモキャラは卒業だ。超シブい藤竜也キャラに変身する時が来たんだ。この俺がビビアンズでの激シブキャラを一手に引き受ける。他のヤツらはオカマキャラに変われ。俺が藤竜也だ。いつでもどこでも「ひとり愛のコリーダ」をブチかましてやる。スゲえエロキャラじゃねーのか?スゲえヒゲキャラじゃねーのか?そうだよ、俺は生まれ変わったんだよ、。これでたぶんビビアンズはバカ売れすると思う。

「え〜?ヒゲなんて生えてねーじゃん!なんかキタナイ微生物が鼻の下を這い回っているようにしか見えないんですけど!」

休憩所でダチのミス睡眠やミスFB読んでないのに「いいね!」押しまくりレディー達に自慢のヒゲを披露したらコテンパンのボロカスに言われてしまった。

「やかましいんだよ!ドキチ◯イのクソ腐女子どもが!キサマらは「男のシブさ」ってもんを何ひとつ理解しとらん!」

俺は発狂恫喝してホモ好き女どもを論破してやった。

全世界のへなちょこどもに告ぐ。俺の原始人のようにワイルドなヒゲをなめるな。もしも全世界がそれを望むのならば、俺は三日三晩頬ずりし続けてやってもいい。

「17日の大阪ライブでは、もはや藤竜也どころの話ではなくなるなぁ」

俺は遠い目をして寂しげに呟いた。

「次の大阪では、きっと俺は…」

俺は冷や汗わダラダラたらし、クワッと目を見開くと夜空に向かって絶叫した。

「板垣退助になっとるわな!!」

ヒゲそのものが「フライングV」となり、そうなればもはや俺はマイケルシェンカーを演奏する以外に他に道は残されてイナイのだろう。

「とにかく17日の大阪フラットフラミンゴのライブにいらしてください!!」

俺はもう一度夜空に向かって吠えた。
関西のみなさま、2月17日、梅田フラットフラミンゴでの角森隆浩ライブにどうかいらしてくださいませ!宜しくお願いいたします!
posted by ツリー at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

もうすぐレテと大阪でライブです!よろしくお願いいたします!

写真.JPG




2月9日(日)

インフルエンザ休暇も四日目なので、そろそろ近所を散歩したりして、体力の快復に努めなければナラナイ。
14日のレテでのワンマンと17日の大阪フラットフラミンゴ公演はモチロン開催いたしますので、皆さんに是非ともいらして頂きたいのデス。どうかどうか何卒宜しくお願いいたします!!

という訳で近所の寺を歩いてみた。

黒沢監督の「羅生門」のモデルになったという由緒あるデカイ門のあるお寺。そこに雪が積もってマジ絶景かな。いやはやホントにキレイですね、こんなの見たら即雪見酒だよね、と思いつつ、病み上がりなんで飲酒など絶対にイタシマセン。食糞など絶対にイタシマセン。

この血の掟を遵守して、とにかく、今回の東京、大阪のライブにたくさんの方々にいらして頂きたいのデス。それが終わるとすみやかにビビアンズワークに戻ってゆきたい。かように考えている次第でアリマス。

先ずは14日の下北沢leteでの「オゲレツ独演会」でお待ちいたしております。前売り予約の状況、聞きましたところ、思わずゴッホみたいに耳を切り落としたくなりました。
地球上には70億人もの人間がいて、その全員が俺を憎むなんて、そんなコトがあり得るのか?
今、それが現実になろうとしている。人気商売なのに、ギネス級の不人気なんだ。地球上の生命物体よ、これ以上俺をなめるな!

という訳でみなさま、くれぐれも宜しくお願いいたします!

★2月14日(金) 下北沢lete

角森隆浩「オゲレツ独演会」

19:30 open 20:30 start
予約 2000円 当日 2300円(共に1D別)

予約はレテのHPからできます。
http://www.l-ete.jp/
posted by ツリー at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雪とインフルエンザ

写真.JPG



2月8日(土)


ものすごい大雪が積もった。

東京に出てきて四半世紀経つが、こんな大雪は初めて。

しかしワタシは2日前からインフルエンザにかかりぶっ倒れていた。

一歩も部屋から出ることなく、延々と眠り続けた。一日14時間くらい死んだように眠った。

起きてる間は横臥したまま、じーっと天井を見つめて過ごした。
こんな風に時間を過ごすのは病気にでもならなければ無理なのだ。だとしたら何という味気ない人生を送ってきたことか…。

色んな事をぼんやり思った。

人生は旅のハズなのに。
我慢なんてしなくていいのに。
ドアの向こう側へただ、出て行けばいいだけなのに。
思った所で詮無いことでしょうか。違う筈だ。たやすい筈だ。

静かな雪景色。静かな世界。自分はナルコレプシー患者のようになって眠り続けた。
posted by ツリー at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

苦しみつつ なおはたらけ 安住を求めるな この世は巡礼である

写真.JPG




2月4日(火)

最近は買ったマンガにハズレることが多くガッカリである。
マンガに関しては新しいものも貪欲に読んでゆきたいと思っているのでハズレるとショックはなおさらデカイ。

そうではあるが、もうガキの恋愛モノや思春期っぽいサイコなヤツは実際ホントにウンザリになった。

「恋愛マンガ読んで胸キュンしまくる「46歳♂」。これくらいこの世でみじめなモノがあるのかよ!」

俺は錯乱して家じゅうの壺という壺を叩き割りまくった。
万年彼女ナシのキモオタオヤジが「好きっていいなよ」とか「となりの怪物くん」とかを読んでるのは、やっぱり精神衛生上よろしくないとやっとこさ判った。イケメン高校生と激カワギャルの恋愛話にリアリティーなどあると思うか?ポン引きがデリヘル嬢を狂ったように殴りまくる話しとかじゃダメなのか?とにかく、もっと人生の悲哀を感じられるような、熱い血の流れた作品がほしーんだぜ。俺の孤独すぎる獣道人生をナメんじゃねーぜ!

そのように憤懣やる方ない想いを抱いておられる諸兄にワタクシがオススメするマンガがコチラの作品なのであります。

望月峰太郎「ちいさこべ」@〜A続刊(写真)でありやす!

最初本屋で見かけた時「なに?「ちいさこべ」ってひょっとして「山シュウ」なの?」と思い手に取ってみた。はたしてやはりその通り、原作は山本周五郎で望月峰太郎が設定を現代に変えて劇画化しているのであった。

俺は若い頃、かなり熱心に山本周五郎氏の作品を読んでいた。
「青べか物語」や「季節のない街」など何十回読み直したかわからないくらい激読みした。生きていく上で自分にとって必要なものがあまりにたくさん散りばめられていた。

それを受け取れば、死ぬまで迷い子のような心細い気持ちで生きてゆかねばナラナイであろう、そんな黒々とした孤独と、決して心と心が通じ合うことのない酷薄と薄情がいたるところに散りばめられていた。俺はためらうことなくそれらを受け取った。


山本周五郎氏の作品をコミック化なんて、今までなかった試みで大変けっこうである。設定もキャラも面白いし、これからどうなるのか楽しみで仕方が無い。

「人生に必要なものは浪花節とリアリズム」。どなたの言葉だったかしら?
このバランス感覚がないと生きるのはヒジョーにむつかしいんダゾと愚かな迷い子に教えてくれた作家のひとりが山本周五郎氏であった。
posted by ツリー at 16:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買い物は煩わしい。

写真.JPG



2月3日(月)



仕事帰りにタワレコに寄ると、某アイドルグループがインストアライブをやっていた。

俺はそのグループの名を知らなかったのだが、たくさんの猛者どもが集い、獅子のごとく熱く高ぶっていた。グループも元気いっぱいのとても良いグループだった。

俺はももクロコーナーの前で金縛りにあっていた。
夏の日産大会のDVDが発売されていたのだ。そのモニターを直立不動でガン見してさめざめと泣いていた。

「握手券をご希望の方はCDをお求めください!」的なアナウンスが流れている。どうやらインストアライブは無事に終了したようだ。

「しおりん!結婚してくれ!」

俺はひたすらモニターに向かって叫び続けた。店内アナウンスなど、なにひとつ聞こえなかったハズだ。だって俺がそう叫んでいるんだから。

「し、しまった!求婚してる場合じゃなかったのだ!」

我に返った俺はそう叫ぶと脱兎の如くレジへと駆け出した。
しかし時すでに遅しだったようだ。
レジは先ほどのアイドルグループの握手券を求めるファンどもで埋め尽くされ、長蛇の列となっていた。俺は購入しようと手にしていた高尚なアートロックのCDを抱えて、列の最後尾に並ばされた。いやはやスゲー行列になっちゃったよ!

「腐りきったキモオタどもよ!握手券など欲しがるな!タレントの手など握りたがるな!どうしても握りたきゃ、俺のタマキンでも握ってろ!」

俺は下半身半裸で地獄のように叫びながら、列が進むのを待った。しかしノロノロの牛歩は一向に前進する気配を見せなかった。

「このままだと地獄に堕ちそうだ!この花魁道中みたいなスピードの歩みはいったいなんなんだ!キモオタどもは便所で清算させろ!釣り銭の代わりにクソを手渡してやれ!」

もはや耐えきれず全裸となっていた俺は、列の最後尾から正論を吐き続けた。

「俺はガマンした。充分にガマンしたんだ!だからこれ以上もうキモオタどもに囲まれるのにはガマンがならん!どいつもコイツもいい加減にしろ!」

もう俺はこの状態になると手が付けられないんだ。血走った目でトコトン正論を吐き続ける。ある意味、正義のモンスターと化しちまうんだ。

「コイツらは牛や馬の性器に性的興奮を感じるド変態だ!バカばっかりだ!」

血の涙を流しながら叫び狂う俺の手には「セーラームーン」のCDが握られているコトを忘れているのは、果たしてこの世で俺一人だったのかも知れない。

そうなんだ、やっと今夜「セーラームーン」を買ったんだヨ☆月に代わって集団リンチよ☆
posted by ツリー at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てんてんこに行ってきた☆

写真.JPG



2月2日(日)

先月末、松戸にある絵画喫茶「てんてんこ」に行ってきた。
てんてんこオーナーであるミーカチントちゃんのバースデーを盛大に祝うために仲間達が集まったのだ。
そして人類史上かつてないほどの楽しい時間がてんてんこに充満した。充満したのは俺の猛毒スカ屁ではなく、ハピネスだ。

ミーちゃんやみんなの笑顔を見ていると、俺はそれだけで夢見心地になる。俺にとってここは、素敵なダチどものスマイルに出会える場所なのである。マック赤坂こそいないのだが…。

当夜も皆でいつ果てるともなくハッピーバースデーを歌い続けた。俺も夢中でうめいたよ。増井さんのトロンボーンでのハッピーバースデーは最高だった。シビレにシビレた。みんなの温かい絶叫唱和もビシビシハートに響いたぜ。まじピースフルだった。

などといかにも常連客ヅラをして、のほほんと純文学している俺だが、実はてんてんこには去年の12月に訪れたのが初めてだった。え〜っ!キサマ、ド新規もいいとこじゃん!
でもねここは、常連、イチゲンに関係なく、みんなでフレンドリーに過ごせるドリームランドなのさ。激しくネバーランドなのさ。

俺の出不精は、ほとんどビョーキな程、まさに最悪レベルの引きこもり野郎なんだ。
そんなシリアルキラーの俺が足しげく通うお店がこの世に存在するのだとしたら、それはてんてんこをおいて他にはナイ。今やメッチャ大好きな場所なのである。

写真は帰り際のスリーショット記念撮影。
俺をてんてんこへと導いてくれた大親友のマスミちゃんと、ミーカチントちゃんと第二の佐村河内守がパチリとフォーカス。ホントに楽しかったぜ!

というわけで、ミーカチントちゃん、そして、てんてんこに集う皆さん、どうか今年も宜しくお願いいたします!
posted by ツリー at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

2月のライブのお知らせ

写真.JPG



2月1日(土)

最近はフェイスブックやツイッターでささやく、と言うか、うめくコトの方が多かったので、炎の純文学ブログの執筆を怠ってしまった。

ノーベル文学賞確実の当ブログを怠るとはまさに万死に値する罪だ。芸術に対する罪だ。死をもって猛省の証しとしたい所だが、今月もドバドバライブが決まってきておりウカウカ死ぬヒマもない。

今月は2月17日に大阪梅田の「フラットフラミンゴ」でライブがありマス。なのでどうしても大阪および関西方面の皆さまにいらしてほしーのさ。皆さん、何卒よろしくお願いするぜ!

演者も客も双方にとってデメリットしかないワタシのライブ。たっぷり堪能して頂きたい。かように考えてオリマス。皆さん、来てネ〜!

そして2月14日は下北沢lete。
人道に対する罪、それはワタシのウクレレ・ワンマンライブ「オゲレツ独演会」が強行されます。こちらの方もたくさんの毛ジラミ野郎にいらして頂きたいのです。皆さん、どうかよろしくお願いいたします!

2月14日はなんとワタシの誕生日なのでありマス。自分の誕生日に自分のライブをブッキングする。このあまりに厚顔無恥な睾丸企画にワタシ自身、絶望のあまり生きる気力を失いました。皆さん、大変申し訳ありません、大便申し訳ありません。それでもたくさんのお客様に、毛ジラミの皆さまにいらして頂きたいのデス。

「バースデーパーティーってコトは、やっば明るくハジケたダンパだよね!」

そうです!だから当日は執行された死刑囚の通夜のような重苦しい雰囲気の中で祝って頂けたらと思っております。どうかよろしくお願いします!

毎日寒い日が続いております。皆さん、風邪など引かれぬようご自愛してください。ワタシも全然風邪が治らナイ。毎日ヒーヒーうめきながら暮らしています。
これが風邪菌じゃなくペストかコレラだったらイイのになぁと夢見ずにはいられません。皆さんは、うがい、手洗いを励行せよ。どうか気をつけてネ!

☆2月14日(金) 下北沢lete
「オゲレツ独演会〜番外編 角森隆浩 生誕46周年記念 聖☆ドロ沼祭」
open 19:30 start 20:30
予約 \2000 当日 \2300 (いずれも1drink別)
lete HPにて予約受付中 http://www.l-ete.jp/
(leteは生音だけの小さなお店です。ぜひご予約くださいませ)

☆2月17日(月) 梅田フラットフラミンゴ
角森隆浩 ソロ

open 19:00 start 20:00
\2000プラス1drink
フラットフラミンゴ 大阪市北区神山町8-7 日宝サンライズタウンビル2F
posted by ツリー at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。