2014年01月14日

グラッチェ!レッドクロスでのソロライブ無事終了!

写真.JPG



1月10日(金)


今年最初のギグは新宿レッドクロスでのウクレレソロライブだった。いらしてくださった皆さん、本当にありがとうございました!
感謝の想いをどうやって表したらイイのだろう?シャイな俺には判らない。
感謝の表明には腹話術ならぬ「ケツ話術」はいかがだろうか?
人形の代わりにワタシのケツの穴がパクパクと開閉し、皆さんと飾らないおしゃべりに花を咲かせる。どうだ?なごんだか?

レッドクロス側の出演拒否を完全に無視して登壇した。激しい罵声と怒号が響くアリーナで俺は涼しい顔で歌い切った。世界一ムサ苦しいソングスをね。

共演陣も活きのイイ野郎ばかりで最高だったよ。ブッキングされてもいないのに勝手に出演した甲斐があった。果てしないカタルシスを得る事ができたからね。だからグラッチェ、ロフレどもよ。「ロフレ」ってロックフレンドのコトさ。セフレなんて比較にならないほど熱い関係なのさ。ロックで結ばれた血と血の絆。いったい誰がこの絆の鎖を断ち切れると言うのか。

「誰だ!?この気持ち悪いオヤジは?ナイフで全身メッタ刺しにしてやりてーぜ!」

俺への殺意に燃え上がったオーディエンスのド外道どもがワンサカ舞台へと押し寄せてきた。

「近よるんじゃねえ中卒どもが!俺は浅沼稲次郎じゃねーんだ!とっとと失せやがれ!」

客どもからむごたらしいリンチを受けながら俺は歌い続けた。

でもへっちゃらだ。世の中ツレーことばかりだ。タフな俺でさえツレーんだ。だからきっと客どもだってツレーのさ。だったらリンチぐらいやらせてやれよ。少しぐらい相手の身になってやれよ。ダチなんだろ?ロフレなんだろ?助け合って生きてゆこうぜ。

「クソドキチ○イどもが!アーチストを半殺しにするとはナニゴトだ!親の顔が見てーぜ!」

俺は全身20ヶ所をメッタ刺しにされながら叫び狂った。
バカ客どもにオヤジのカミナリを落としてやったのだ。育児放棄のまま大人になった土人どもには俺のスパルタロックで再教育が必要だ。真人間になりたきゃ俺やビビアンズのライブに来い。皆勤賞がその条件だ。わかったな?

では腐ったセットリストをキサマの狂った脳に叩き込んでやる。字が読めるか?

1.ツベルクリン無反応
2.鼻毛無情
3.学校教育
4.仁義なき痴漢電車
5.お好み焼き大好き!
6.うなぎの唄

でした。
聴いてくださった野郎どもにひたすら感謝を捧げる。まじグラッチェだぜ、ロフレどもよ。俺からのロックジュテームがキサマ達のケツの穴へと伝わったのがハッキリと判った。みんな本当にありがとう。

次のライブは19日にセブンティーンだ。高円寺・ペンギンハウスにて。成人式を終えたばかりの紅一点こよし嬢がアダルトロックをガラッパチに歌い切る。ぜひいらして欲しいぜ!

あと2月14日に俺のウクレレシンポジウムが下北沢leteで行なわれる。今年最初の「オゲレツ独演会」だ。
第一部は新曲のみの一大新曲フェスタで行くぜ。新曲なんて一曲もねーけどな。まさに崖っぷちの狂死寸前のロック・シンポジウム。この俺に我先に引導を渡しにこい。どうかヨロシクお願いします!

アデュー、キサマたち。
毎日寒いが風邪など引いてはいないかい?俺は腹に回虫がいる。みなさまのご来場を心よりお待ちしています。
posted by ツリー at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

今年のライブ始めは…

写真.JPG




1月2日(木)


新年、さっそく初仕事。

俺はファッション界を牽引するオピニオンリーダーだ。カリスマ的「ハウスマヌカン」の最後のひとりだ。正月早々ビジネス最前線でお客様をおもてなしするのが俺の天職なのだ。

「やかましい!どけっ、鼻メガネ!」

福袋目がけて突進してくるお客様の
モーレツなタックルに俺はフッ飛ばされた。あばら骨がヘシ折れ内蔵が破裂した。

「お、お客様!ちゃんとお並びください!ほ、欲しがるな!福袋なんて欲しがるな!」

下敷きになった俺はギューギューに踏みつけられながらオカマのように泣き叫んだ。そしてそれが俺の辞世の句となった。

句でもなんでもねーぜ。オゾマシイただの絶叫さ。あまりに悲痛なスクリームさ。
職場は大盛況の活況ぶりだ。そして俺は数百人もの人々の足の下でギュウギュウに踏みしだかれ、腐ったイカのようにズタボロになって絶命した。

謹賀即死年。アデュー、スタジアムロックよ。志し半ばだが、お先に失礼スルゼ。キサマ達、涅槃で待つ。

いや、俺は死なない。そうやすやすとは。

そもそも俺はニワトリのように首だけになっても平気で生きていけるタイプだ。史上稀に見るタフガイでありスタミナガイだ。そのコトをすっかり忘れていた(写真)。

不老不死なんだ。殺されたって死にゃしねーぜ。生きて、生きて、生き抜いてロックし続ける責務が俺にはある。裸のままの俺のロック人生を見つめて欲しい。

「いや、ツリーさん、すみません、醜すぎるド中年の裸体はちょっと…」

そんなモン見たら失明しかねないんで、と尻込みしてしまう上流階級なオーディエンスがいるのなら仕方がナイ。俺は裸を隠すために、そこらの野犬のナマ皮でもはいで身にまとう事にしよう。
そんな俺の「原始ロック」で覚醒しろ。プリミティブな「縄文ロック」でテメエらのハートを丸裸にしてやるぜ。ロックンロールはすっぽんぽんの発狂スクリームさ。世界はそろそろ、そのコトを知るべきじゃナイのかい?

という訳で新年第一発目のライブのお知らせをさせて頂きたいと思います。みなさま、どうかいらしてくださいませ。

今年最初のギグはウクレレ弾き語りから始まるぜ。
1月10日(金)に新宿紅布レッドクロスで開催されるビッグイベントだ。以下が詳細なので紙面に穴が空くほど凝視してくれないか?

★1月10日(金) 新宿レッドクロス

TOP GEAR SHOW〜新年会 第2弾〜

開場 18:30 開演 19:00
前売 \2000 当日 \2500(共にD別)
共演/恋をしようよジェニーズ/ザ・チャンバーズ/AGU/ニッチとサッチ(Mr.ワリコメッツ)

紅布レッドクロスHP/http://www.sputniklab.com/redcloth/

です。ワタシの出番は21:00頃の予定です。会社帰りにいらしてくださいね。のびのびとおおらかに童謡を歌わせて頂きます。

あと19日は高円寺ペンギンハウスにて久しぶりのセブンティーンがあります。そちらもまたお知らせいたしますので宜しくお願いします。そして早くビビアンズ演りてー!

ではアデュー。みなさまにいらして頂けたらミラクルですし歓喜です。
宜しくお願いするぜ!
posted by ツリー at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

明けましておめでとうございます!!

写真.JPG



平成26年1月1日(水)

みなさま、新年明けましておめでとうございます。
昨年中は色々とお世話になりました。喜びと感謝の気持ちは極点に達し、もはや発狂寸前です。本当にありがとうございました。今年もどうか宜しくお願いいたします。

年末辺りから妙に躁状態で、ハートウキウキの青春真っ只中モードだ。モチロン、薬物、マインドコントロール等いっさいナシだぜ。

信じられナイよな?「ミスター呪い」のこの俺がなぜポジティブシンキングなの?

「今年こそはヤルゾ!」

どの口がそんなコトを言う?どうかしてるぜ、この俺がやたらと燃えまくっているなんて。

「ツリーよ、今年はヤルゾって、いったい何をさ?下着ドロかひったくりかい?」

質問者よ、死んでくれ。
清新な新年の所信表明で、どこのドイツが下着ドロを宣言すると言うのかね!
俺がヤリ切るのは犯罪ではなく「全身全霊のロックンロール」であるコトは明々白々だ。そのあたり混同してもらっちゃ困る。そんな歯クソギッシリ野郎は何があっても絶対に許さねーぜ。そうだろ?

元旦早々、異様に躁状態なので外へ出るコトにした。今年は絶対にイイことがありそうな気がする。きっとサイコーの一年になるだろう。
ウツウツと部屋ん中で引きこもっているなんて論外だ。俺は外出するんだ。初詣でに行っておみくじを引き狂おうぜ。「大吉」なんて俺には屁のような悪夢でしかない。俺が引くべきおみくじは「超吉」であり「メガ吉」だ。さあ書を捨てよ、街へ出よう!

30分後、俺はブックオフにいた。バカげたマンガを立ち読みをしながら過呼吸でブッ倒れていた。

「お、同じだ!去年までの悪夢のような日常とまったく同じだ!」

一年365日、一秒も休まず俺は孤独だ。今日はまたその新たな孤独のスタートにすぎないのか?

「う、嘘だ!俺はクレバーなナイスガイだ!人望が厚く、常に俺の周りには人がたくさん集まってくる!」

俺は周囲を見渡した。
元旦からマンガを立ち読みするために、本屋にしか行き場のナイ哀しいオタクどもがギュウギュウにひしめき合っていた。

「じ、地獄だ!いるべき人間じゃナイ!俺はこんな所にいるべき人間ではナイ!」

俺は錯乱してマンガを20冊抱えてレジへ突進すると、手早く会計を済ませて外へ逃げ出した。

神社に着いた。森羅万象すべてに感謝し、爽やかな気持ちで手を合わせようじゃないか。

「す、すごい行列だ!俺には並べない。帰ろう、今すぐ帰るしかないのだ!」

俺は断末魔のうめき声と共に決断した。なんてえ行列だよ。こんなの並べる訳ねーだろ。俺は悲しくUターンすることにした。

それでもほんの少しでイイから正月気分を味わいたい。俺はビールとタコ焼きを買い求めた。神社の中で参拝客を眺めながらホロリと酔いたかった。俺はビールとタコ焼きを持ったままウロウロとさまよった。

結局たどり着いたのは誰もいない駐車場の隅っこだった。俺はそこに腰を下ろしモソモソと飲み食いをした。涙が流れる寸前の気持ちだった。

「どうしていつもこうなってしまうのだろう…。」

新年早々あんまりガッカリするなよ。くよくよするのはよせ。
俺はもう大人なんだ。何をあきらめ、何をあきらめずに挑戦し続けるのか、骨身に沁みて判っているハズだぜ。

今年はウマ年だ。ということは暴れ馬のようにロック道を爆走しなければナラナイのだ。馬糞のような歌しかナイけどイイではないか。そんな歌をいななきながら、思いっきりロック砂漠を駆け抜けようぜ。だからみなさま、どうかご声援および大ブーイングをよろしくお願い申し上げます。絶対にガンバルゾ!
posted by ツリー at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。